バリウムと胃カメラの違い

スポンサードリンク

バリウム検査と胃カメラの検査の違い

バリウム検査 胃カメラ

 

 

バリウム

 

<長所>
造影剤のバリウム(白い液)を飲み込んだあと、胃をくまなく観察し撮影
するために、検査台で体を上下左右に動いたり回転して、胃の観察をする検査です。
この検査で、胃の表面についたバリウムの状態を観察して、潰瘍、胃の粘膜の荒れ、
胃がんによっておこる変化を見つけることが可能です。造影剤が口から食道、
胃から十二指腸へと流れていくところが見ることができ、胃全体の形を観察する
ことができるのが特徴です。

 

 

<短所>
一定量の放射線被ばくが避けられません(健康上問題なし)、下剤の処方を受けても
造影剤による便秘の可能性があります。

 

 

 

胃カメラ

 

<長所>
胃カメラは、口や鼻からレンズのついたチューブのようなカメラを挿入して、
食道や胃、十二指腸の粘膜表面を、直接観察できるので、胃潰瘍や胃炎、
胃がんなどの病変など、詳しい情報が得られます。胃がんの早期発見にも
役立ちます。
観察だけでなく、臓器の一部を採取する病理検査の生検、ピロリ菌の検査も
行えます。ポリープの切除など内視鏡治療を行うこともできます。

 

 

<短所>
カメラを挿入していきますが、喉を通るときに違和感と多少の苦痛を感じます。

 

 

 

 

 

胃カメラ検査は、粘膜の状態をよく見るのに適していて、確定診断や治療にも使用できる
利点があるが、検査に一定の苦痛を感じる場合があるという欠点がある。

 

バリウム検査の方は、造影剤の流れ方を見ることで、食物の通過障害を見つけやすく、
胃の全体をよくみる事ができ、検査に伴う苦痛がすくないという利点があるが、
粘膜を観察すること、確定診断や治療という点では、胃カメラより劣ります。

 

このように胃カメラにもバリウムにも長所や短所があり、違いもありますが、
どちらにしても、その検査の大きな目的の一つは胃がんの早期発見です。

 

いろいろなタイプの胃がんをみつけるには、粘膜をみるのに強い胃カメラと、
動きや胃の形の全体をみるのに強いバリウムの検査を、その状態に合わせて
組み合わせて検査するのもよいでしょう。

 

 

その人の状態に合わせてバリウム検査にするか胃カメラ検査にするか決めると
よいです。

 

 

バリウムと胃カメラの比較

胃カメラ(内視鏡検査)とバリウム検査を受けた人の感想は?アンケート結果をまとめてみました。

 

「胃がわかる」の訪問者の胃カメラとバリウム検査経験者を対象
2012年4月〜6月実施

 

 

バリウムと胃カメラの違い

 

スポンサードリンク