鼻から胃カメラ手順

スポンサードリンク

鼻から胃カメラ手順

鼻から胃カメラ手順

 

1.予約を入れる
病院の医師と相談して、受診のときに検査の予約をとります。

 

2.検査の前日
夕食は午後9時までに済ませて、そのあとは絶食。アルコールは控えて早めに就寝します。

 

3.検査の当日
■食事はしないで出かけます。
■少量の水を飲むこと、歯磨きは大丈夫です。
■薬の服用は午前7時までにします。薬の服用についてはあらかじめ医師に相談しておきましょう。
■ベルトやガードルやコルセットなど腹部を締め付けるものは外しておくかゆるめておきます。

 

 

検査当日の流れ

 

4.受付
予約時間20分前には病院に到着するようにして、受付を済ませます。記入しておいた問診票と胃カメラ同意書を提出します。

 

 

5.前処置
胃の中をきれいにする消泡剤のガスコンドロップ、プロナーゼ(酵素)、炭酸水素ナトリウムを水に溶かして服用します。
血管収縮薬のプリビナを両鼻腔に2〜3回噴霧します。鼻の粘膜の腫れや充血をとり、鼻の通りがよくなります。スプレーは風がシュッと入る感じで痛みはないです。
そして鼻腔の麻酔を行います。小さな注入器で粘度の高い麻酔薬を注入するタイプとスプレータイプがあり、病院や施設により違います。スプレータイプは5分ほど間隔をあけて2回行います。
痛みがないように、細くてやわらかいスティックにゼリー状の麻酔薬を塗付して挿入します。鼻の痛みを防いで、内視鏡の通りがスムーズになります。

 

(注)前処置の流れと方法は病院や施設により異なります。

 

 

6.内視鏡挿入
通りのよいほうの鼻からスコープを挿入していきます。苦痛がないため、患者さんもリラックスできます。食道・胃・十二指腸の順番に観察していきます。

 

 

7.画像を見ながら医師に質問
スコープが下根に触れないので、検査の最中も嘔吐感がありません。5〜10分間の検査中は、胃の中の状態についての医師からの説明は、モニターを確認しながら聞いて、同時に質問することもできます。

 

8.検査後
検査が終了したら、検査結果や今後の治療のことについての話を聞きます。

 

9.すぐに復帰できる
眠くなる麻酔は使用しないのですぐに帰ることができます。疲れも少ないので、回復も早く、そのまま仕事など日常生活に戻ることができます。飲食は検査が終わってから30〜60分経過すればとっても大丈夫です。

 

 

 

スポンサードリンク

鼻から胃カメラ手順関連ページ

経口内視鏡と経鼻内視鏡の違い
経口内視鏡と経鼻内視鏡には、それぞれに長所と短所があります。経口内視鏡と経鼻内視鏡の違いについて紹介します。比較してみましょう。
鼻から胃カメラ料金
鼻から胃カメラの料金について紹介しています。健康保険が適用されるときと適用外のときと料金が異なります。
鼻から胃カメラは楽
鼻から胃カメラは、口よりも楽な胃カメラです。口からの内視鏡では避けられなかった嘔吐感がほとんどない点が最大のメリットです。
鼻から胃カメラのQ&A
鼻から胃カメラの疑問を質問形式で答えています。 鼻からの胃カメラ検査で疑問に思っていることを解決しましょう。