鼻から胃カメラは楽

スポンサードリンク

鼻から胃カメラは楽

鼻から胃カメラは楽

 

鼻からの胃カメラは楽です。理由として、鼻からの内視鏡検査が選ばれる最大の理由は、口からの内視鏡では避けられなかった嘔吐感がほとんどない点です。検査中に医師と会話することもできるので、疑問があればすぐに質問することもでき解決できるので不安がなくなります。

 

鼻からの内視鏡検査では、患者に苦痛のないように、事前に鼻の粘膜をしっかりガードします。鼻腔の麻酔を入念に行って、鼻の粘膜にバリアするので、患者さんは、ほとんど痛みを感じなくなります。スコープも直径が5.9mmで、口からの内視鏡よりも細いのでスムーズに挿入が可能です。

 

 

経口と比べると心拍数の上昇が少ない、収縮期血圧が上がらずにむしろ低下する、心筋酸素消費量や酸素飽和度が変わらないなど、体への負担も少なく体にやさしいといえます。疲労感がすくないので、回復が早いため、検査終了後は少し休めば、すぐに日常生活に戻ることができます。

 

経鼻内視鏡検査には、食道や胃の器質だけでなく、蠕動運動などの機能が見られるというメリットもあります。

スポンサードリンク

鼻から胃カメラは楽関連ページ

経口内視鏡と経鼻内視鏡の違い
経口内視鏡と経鼻内視鏡には、それぞれに長所と短所があります。経口内視鏡と経鼻内視鏡の違いについて紹介します。比較してみましょう。
鼻から胃カメラ手順
鼻から胃カメラの手順について紹介しています。経鼻内視鏡検査は説明のような流れで行われています。
鼻から胃カメラ料金
鼻から胃カメラの料金について紹介しています。健康保険が適用されるときと適用外のときと料金が異なります。
鼻から胃カメラのQ&A
鼻から胃カメラの疑問を質問形式で答えています。 鼻からの胃カメラ検査で疑問に思っていることを解決しましょう。