胃が痛い・下痢との関係について

スポンサードリンク

胃が痛い・下痢との関係はあるのでしょうか。

胃が痛い時の下痢との関係ですが、胃痛は胃の症状、下痢は腸の症状です。

 

どうしても、下痢をすると腸だけでなく、胃の原因も考えられますが実はまったく違う臓器の問題です。

 

しかし、胃も腸も一本のつながった臓器です。だから、冷たい食べ物や激辛食べ物で食べ過ぎて胃が痛くなったとすると、胃が悲鳴をあげて胃痛を起こして、そのまま消化しきれず食べ物を腸にバトンタッチをします。当然腸も悲鳴をあげて下痢を引き起こすパターンがあるので、大きく言えば胃も腸も同じ臓器と考えても良いかもしれませんね。

 

 

 

 

下痢とは

下痢は糞便中の水分量が多くなった状態です。下痢をおこすしくみには、水分の吸収障害、腸液分泌の亢進、腸管運動の亢進の3つがあります。ふうつうは、この3つが同時にかかわっておこることが多いものです。

 

水は小腸で1日5〜10L、大腸では1日1〜2Lが吸収されます。ところが、腸管内に吸収の悪い塩類や食物が入ってくると、腸管は多量の腸液を分泌するため便がやわらかくなったり、下痢便になります。とくに大腸は水の吸収量が少なく、1日2Lを超える水が入ってくると下痢をおこします。

 

下痢には急性のものと慢性のものがあります。急性下痢の大多数は食中毒などの感染症、食物アレルギー、食べ過ぎによっておこるもので、数日で自然に治るものがほとんどです。

 

これに対し、1か月以上、ときには1年以上も続いたり、反復して現れる下痢が慢性下痢です。

スポンサードリンク

胃が痛い・下痢との関係関連ページ

胃が痛い原因
胃が痛い原因について解説しています。健康なひとでも胃が痛いことがありますが、胃腸病や他の病気で痛いこともあります。
胃が痛いときの対処法
胃が痛いときの対処法を紹介しています。胃が痛いときは、胃に負担をかけないように胃を休ませてあげましょう。
胃・背中が痛い時
胃が痛いのが背中まで届く場合は注意が必要です。内臓の痛みは、食事や排尿などそれぞれの臓器の働きと関係していることが多く、このような痛みを感じたら、早めに病院で受診しましょう。
胃を押すと痛い
胃を押すと痛い(みぞおち付近)と言う方が胃の痛みでは多くの症例があります。痛くなってからでは遅いのですが異常を感じたら早急な対応が必要になります。
胃の左側が痛い
胃の左側が痛いときに考えられる病気を紹介しています。激しい痛みなどがあったときは注意が必要です。
胃の右側が痛い
胃の右側が痛いときに考えられる病気を紹介しています。激しい痛みなどがあったときは注意が必要です。
胃が痛い時の食事
胃が痛い時の食事について紹介しています。胃が痛い時にはなにを食べたらよいかわかります。胃が痛いときに簡単に作れるレシピも紹介します。
食べると胃が痛い
食べると胃が痛いときは、食べ方にも原因があります。食事時間が不規則なことも原因になります。胃痛が続く場合は病気が原因のこともあるので病院の医師に相談しましょう。
食後胃が痛いときは
食後胃が痛いときは、病気が原因になっている場合もあります。食後胃が痛い症状が続いているときは病院に行き医師の診察を受けましょう。
コーヒーを飲むと胃が痛い
コーヒーを飲むと胃が痛くなる人がいますよね。又胃もたれを起こして脂っこい食事が受け付けなくなったり、食欲を損なったりします。それにはきちんと理由があるんです・・・・
お酒を飲むと胃が痛い
お酒を飲むと胃が痛いという人は、お酒を飲む前に牛乳を飲むと悪酔いしにくいです。アルコールは胃粘膜を傷つけることもあるので、飲みすぎには注意しましょう。
妊娠中胃が痛い
妊娠中に胃が痛い、腹痛、下痢、嘔吐を伴う病気になることもあります。おもな病気と妊婦にも安心な対処法を紹介しています。
生理で胃が痛い
胃の病気、症状、治療、胃カメラのコツ、鼻から胃カメラができる病院、胃に優しい食べ物とレシピの紹介。胃カメラ体験談も。 胃が痛い、胃もたれ、胃のむかつきなど胃の不調を克服しましょう。
胃が痛い時に効くツボ
胃の病気、症状、治療、胃カメラのコツ、鼻から胃カメラができる病院、胃に優しい食べ物とレシピの紹介。胃カメラ体験談も。 胃が痛い、胃もたれ、胃のむかつきなど胃の不調を克服しましょう。
胃が痛いときは何科
胃が痛いときは何科の診察を受けたらよいかわからない方に何科の診察を受ければよいか紹介しています。