胃が痛い・胃もたれ・胃のむかつきの対策、胃の病気、胃カメラの情報

スポンサードリンク

胃が痛いときや胃もたれに効くツボ

ツボとは、東洋医学の考え方で体の異常が現れる場所である。体のなかのエネルギーの通り道(経絡)の上にあり、この経絡の上をエネルギー(気血)が滞りなく流れている状態が理想的とされる。

 

ツボを圧すことで、自律神経や内分泌(ホルモン)系の働きを整え、内臓の機能を正常化できるといわれている。胃に効くツボとして有名なのは「中カン」「梁丘」「足三里」「衝陽」などである。これらのツボは胃の機能を制御している経絡の上にあると言われ、ここを刺激することで胃の働きを整えることができる。

 

中カン・・・へそとみぞおちを直線で結んだ線上の中間にあるツボです。お腹が満腹の際は、避けましょう。息をゆっくりと吐きながらツボを刺激します。

 

梁丘・・・膝蓋骨(膝のお皿)の外側、大たい骨の上約2p〜3pの間位にあります。下痢にも効果があります。

 

足三里・・・左右とも、足の外側のくぼみから、膝の関節の下、指4本分の位置で、筋肉が一番高く盛り上がったところが目印になります。夏バテを解消するツボでもあります。

 

衝陽・・・場所は、足背に有ります。足の第二指と第三指の間を擦上していき止るところ陥凹部(足背動脈上)に取る。胃潰瘍や歯痛にも効果があります。

 

 

スポンサードリンク

胃が痛い時に効くツボ関連ページ

胃が痛い原因
胃が痛い原因について解説しています。健康なひとでも胃が痛いことがありますが、胃腸病や他の病気で痛いこともあります。
胃が痛いときの対処法
胃が痛いときの対処法を紹介しています。胃が痛いときは、胃に負担をかけないように胃を休ませてあげましょう。
胃・背中が痛い時
胃が痛いのが背中まで届く場合は注意が必要です。内臓の痛みは、食事や排尿などそれぞれの臓器の働きと関係していることが多く、このような痛みを感じたら、早めに病院で受診しましょう。
胃が痛い・下痢との関係
胃が痛い・下痢との関係ですが、消火器系で胃と腸は同じ臓器です。胃が痛い下痢をすると思いますが直接的には関係ありません。逆に腸はストレスを一番感じる臓器です。精神的な面でも下痢を引き起こす場合があります。
胃を押すと痛い
胃を押すと痛い(みぞおち付近)と言う方が胃の痛みでは多くの症例があります。痛くなってからでは遅いのですが異常を感じたら早急な対応が必要になります。
胃の左側が痛い
胃の左側が痛いときに考えられる病気を紹介しています。激しい痛みなどがあったときは注意が必要です。
胃の右側が痛い
胃の右側が痛いときに考えられる病気を紹介しています。激しい痛みなどがあったときは注意が必要です。
胃が痛い時の食事
胃が痛い時の食事について紹介しています。胃が痛い時にはなにを食べたらよいかわかります。胃が痛いときに簡単に作れるレシピも紹介します。
食べると胃が痛い
食べると胃が痛いときは、食べ方にも原因があります。食事時間が不規則なことも原因になります。胃痛が続く場合は病気が原因のこともあるので病院の医師に相談しましょう。
食後胃が痛いときは
食後胃が痛いときは、病気が原因になっている場合もあります。食後胃が痛い症状が続いているときは病院に行き医師の診察を受けましょう。
コーヒーを飲むと胃が痛い
コーヒーを飲むと胃が痛くなる人がいますよね。又胃もたれを起こして脂っこい食事が受け付けなくなったり、食欲を損なったりします。それにはきちんと理由があるんです・・・・
お酒を飲むと胃が痛い
お酒を飲むと胃が痛いという人は、お酒を飲む前に牛乳を飲むと悪酔いしにくいです。アルコールは胃粘膜を傷つけることもあるので、飲みすぎには注意しましょう。
妊娠中胃が痛い
妊娠中に胃が痛い、腹痛、下痢、嘔吐を伴う病気になることもあります。おもな病気と妊婦にも安心な対処法を紹介しています。
生理で胃が痛い
胃の病気、症状、治療、胃カメラのコツ、鼻から胃カメラができる病院、胃に優しい食べ物とレシピの紹介。胃カメラ体験談も。 胃が痛い、胃もたれ、胃のむかつきなど胃の不調を克服しましょう。
胃が痛いときは何科
胃が痛いときは何科の診察を受けたらよいかわからない方に何科の診察を受ければよいか紹介しています。