胃・背中が痛い時

スポンサードリンク

胃・背中が痛い時は危険か?

背中が痛い時の多くは、骨や関節、筋肉などが原因になっていることが多いです。しかし、なかには胃や十二指腸、膵臓、腎臓などの内臓が原因で痛い場合もあります。

 

通常の胃炎程度であれば、背中の痛みとして感じることは少ないです。しかし、大きな胃潰瘍や十二指腸潰瘍があると、背中の痛みとして感じられることがあります。また、膵炎や胆石なども背中の痛みとして感じられることが多いです。

 

内臓の痛みは、食事や排尿などそれぞれの臓器の働きと関係していることが多く、このような痛みを感じたら、早めに病院に行き医師の診察を受ける必要があります。

 

 

 

考えられる病気の一部

 

胃潰瘍

胃潰瘍とは、日常よくみられる病気です。胃から分泌される胃液中の胃酸や消化酵素のペプシンなどが、食物を消化するだけでなく、胃の内側をおおっている粘膜をも消化してしまい、その粘膜の孔があいた結果生じる病気です。胃潰瘍は、胃の粘膜を消化しておこるため、消化性潰瘍ともよばれています。
胃潰瘍は、胃の小彎と呼ばれる部位に発生しやすく、とくに胃角部近くに発生することが多いです。

 

 

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は、十二指腸の粘膜に潰瘍が生じる病気です。

 

 

膵炎

膵炎は、膵臓が炎症を起こした状態のことをいうものです。背中の中央あたりを叩くと背部から腹部にかけて広がるような痛みを感じることもあります。

 

 

胆石

胆石は、肝臓から分泌される、胆汁の成分が固まって胆嚢内・胆管内に溜まったものです。胆嚢炎などは、ほとんど、胆石が原因です。

スポンサードリンク

胃・背中が痛い時関連ページ

胃が痛い原因
胃が痛い原因について解説しています。健康なひとでも胃が痛いことがありますが、胃腸病や他の病気で痛いこともあります。
胃が痛いときの対処法
胃が痛いときの対処法を紹介しています。胃が痛いときは、胃に負担をかけないように胃を休ませてあげましょう。
胃が痛い・下痢との関係
胃が痛い・下痢との関係ですが、消火器系で胃と腸は同じ臓器です。胃が痛い下痢をすると思いますが直接的には関係ありません。逆に腸はストレスを一番感じる臓器です。精神的な面でも下痢を引き起こす場合があります。
胃を押すと痛い
胃を押すと痛い(みぞおち付近)と言う方が胃の痛みでは多くの症例があります。痛くなってからでは遅いのですが異常を感じたら早急な対応が必要になります。
胃の左側が痛い
胃の左側が痛いときに考えられる病気を紹介しています。激しい痛みなどがあったときは注意が必要です。
胃の右側が痛い
胃の右側が痛いときに考えられる病気を紹介しています。激しい痛みなどがあったときは注意が必要です。
胃が痛い時の食事
胃が痛い時の食事について紹介しています。胃が痛い時にはなにを食べたらよいかわかります。胃が痛いときに簡単に作れるレシピも紹介します。
食べると胃が痛い
食べると胃が痛いときは、食べ方にも原因があります。食事時間が不規則なことも原因になります。胃痛が続く場合は病気が原因のこともあるので病院の医師に相談しましょう。
食後胃が痛いときは
食後胃が痛いときは、病気が原因になっている場合もあります。食後胃が痛い症状が続いているときは病院に行き医師の診察を受けましょう。
コーヒーを飲むと胃が痛い
コーヒーを飲むと胃が痛くなる人がいますよね。又胃もたれを起こして脂っこい食事が受け付けなくなったり、食欲を損なったりします。それにはきちんと理由があるんです・・・・
お酒を飲むと胃が痛い
お酒を飲むと胃が痛いという人は、お酒を飲む前に牛乳を飲むと悪酔いしにくいです。アルコールは胃粘膜を傷つけることもあるので、飲みすぎには注意しましょう。
妊娠中胃が痛い
妊娠中に胃が痛い、腹痛、下痢、嘔吐を伴う病気になることもあります。おもな病気と妊婦にも安心な対処法を紹介しています。
生理で胃が痛い
胃の病気、症状、治療、胃カメラのコツ、鼻から胃カメラができる病院、胃に優しい食べ物とレシピの紹介。胃カメラ体験談も。 胃が痛い、胃もたれ、胃のむかつきなど胃の不調を克服しましょう。
胃が痛い時に効くツボ
胃の病気、症状、治療、胃カメラのコツ、鼻から胃カメラができる病院、胃に優しい食べ物とレシピの紹介。胃カメラ体験談も。 胃が痛い、胃もたれ、胃のむかつきなど胃の不調を克服しましょう。
胃が痛いときは何科
胃が痛いときは何科の診察を受けたらよいかわからない方に何科の診察を受ければよいか紹介しています。