胃カメラ体験談

スポンサードリンク

胃カメラ体験談・胃カメラは鎮静剤を利用したほうが楽だった

胃カメラ体験談

 

 

私の胃カメラ体験談をご紹介します。

 

 

人間ドックを行うことにし、前回から胃カメラを受けています。前回の胃カメラは鎮静剤を利用しませんでした。とにかく辛くて、もう二度とやりたくないと思いました。

 

胃カメラの部屋に移動し椅子に座って、まず、胃液の分泌を抑える薬を飲みます。これが美味しくなくて飲みづらく、胃の運動を抑える薬を筋肉注射したのですが、これがものすごく痛かった。さらに喉の麻酔といって、ゼリー状のものを口の中に入れられ、入れたまま3分間口の中に入れておくのですが、口を開けたままだし、これが長く感じました。

 

 

その後検査台に左を上にして横になって、マウスピースを加えます。医師がファイバースコープを挿入していき、先端が喉を通るときに、息がつまる感じがしておおげさですが、とても苦しく死んでしまうのではないかと思いました。入ってからも「おえーっ、おえーっ」で大変でした。鼻から吸って口から出す、ゆっくり呼吸を落ち着いてするといくらかましでした。看護師さんが背中に手を当てて声をかけてくれるのですが、本当に天使のような声に聞こえました。看護師さんがいたからまだ安心ができました。看護師さんがいなかったらと思うと恐ろしいです。

 

 

通ってから、医師がモニターを見ながら説明してくれますが、モニターを見る余裕もありません。胃を観察するときに空気をいれるため、おなかがはるような感じがしました。終わってから口の中のものを吐きだしてくれといわれて「ゲーゲー」吐いて終わりました。その後も喉になにか入っているような感覚が1日ありました。

 

 

 

胃カメラ恐怖症になりました。

 

 

 

 

前回の胃カメラがとてもつらくて、今回の胃カメラを受けるまでとても嫌で緊張もしていました。今回の胃カメラは鎮静剤を利用してみることにしました。

 

 

胃液の分泌を抑える薬→喉の麻酔の工程は鎮静剤を利用してもしなくても全く同じ手順です。喉に上手く麻酔されれば、「おえ!」としにくくなるので、とっても大事なところです。今回は口の奥のほうまで入れて我慢しました。前回はあまり奥のほうまでやっていなくてあまり麻酔も効かなかったのかな?と思いました。

 

 

検査台に横向きになり、口にマウスピースをくわえたところで、腕に鎮静剤が注射されます。そのあとは記憶がありません。喉に何か入っているなという感じだけして、気が付いたときは、先生が「胃はきれいなので毎年胃カメラの検査しなくても大丈夫です。3年に1度でもいいです。」と言っていました。

 

 

そして車椅子にのせられ、看護師さんにつれられ別の部屋に移動し、ベッドに横になりました。同じく鎮静剤を使用して胃カメラ検査を受けて隣のベッドで寝ていた人はいびきをかいて熟睡していました。
しばらく休んで部屋を出ましたが、少しフラフラしました。
でも、鎮静剤を利用した今回はすごく胃カメラが楽でした。これなら毎月でも受けてもいいくらいの気持ちになりました。また、胃カメラを受けるときは鎮静剤を利用しようと思いました。

 

 

 

結論は、

 

胃カメラ検査を受けるときは鎮静剤を利用したほうが楽だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク