胃カメラとは

スポンサードリンク

胃カメラとは

胃カメラとは

 

胃カメラとは上部消化管内視鏡検査ともいいます。先端にレンズのついたファーバースコープ(超小型カメラ)を口から挿入し、食道、胃、十二指腸の内部を見ます。最近では鼻から挿入できる経鼻内視鏡も普及してきています。

 

ファーバースコープの太さは標準経(メーカーによって異なりますが、おおむね10mm程度)と細経(7mm〜9mm程度、最近では細いもので5mm)があります。

 

麻酔するので管を飲み込むときに痛くはありませんが、先端がのどを通るときにつかえる感じがあります。

胃カメラとは記事一覧

胃カメラ前日食事

胃カメラ前日の食事ですが、夕食は消化のよい物を食べて21時までにすませます。それ以降は絶食となります。少量のお水は取ってもいいですが、コーヒー、牛乳、乳製品などは内視鏡検査の妨げとなるので摂取しないようにします。基本的には検査前日には肉類は避けて、消化の良い麺類やおかゆなどを食べるとよいでしょう。繊...

≫続きを読む

 

胃カメラの手順

医師や看護師より検査予約時の説明をうける内視鏡検査を受けることが決定したら、検査日を予約します。検査の予約時には、病状により検査の必要性について医師から説明があります。看護師から検査の流れや検査当日の手続き方法や検査前日や来院時の注意事項などの説明があります。胃カメラ検査の前日注意事項検査前日の夕食...

≫続きを読む

 

胃カメラの麻酔

スコープが喉を通る際の嘔吐反射を防ぐために、咽頭麻酔を行います。この局所麻酔薬(キシロカイン)にはゼリー状のものや噴霧するタイプのものがあります。喉の局所麻酔薬(キシロカイン)をしたときは、3分間口に入れたままにしてお口に含んでおきます。●胃カメラ検査時、喉の局所麻酔だけではつらいかたは、軽い全身麻...

≫続きを読む

 

胃カメラ鎮静剤

胃カメラの鎮静剤は、眠くなる、痛みをやわらげる注射です。患者さんの希望で不安や苦痛を軽減するために使用します。鎮静剤は麻酔とは違いますが、これを静脈注射すると、30秒位で体の力が抜けて、楽に胃カメラの検査を受けることができます。近年、安楽で安全な内視鏡検査を提供するため、鎮静をかけながら検査を行う頻...

≫続きを読む

 

胃カメラ料金

胃カメラの料金はおおよそ、70歳以下の場合は3割負担で、70歳以上の人の場合は1割〜2割の負担となります。保険が適用される場合は4000円〜6000円くらい保険適用外の場合は12000円〜15000円くらいです。病理組織検査やピロリ菌検査が必要になってくるとその他に費用がかかります。通常の胃カメラの...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク