胃カメラの麻酔について

スポンサードリンク

胃カメラの麻酔

スコープが喉を通る際の嘔吐反射を防ぐために、咽頭麻酔を行います。この局所麻酔薬(キシロカイン)にはゼリー状のものや噴霧するタイプのものがあります。

 

喉の局所麻酔薬(キシロカイン)をしたときは、3分間口に入れたままにしてお口に含んでおきます。

 

●胃カメラ検査時、喉の局所麻酔だけではつらいかたは、軽い全身麻酔をかけて検査をおこなってくれる病院もあります。

 

 

 

麻酔薬の副作用について

まれに、前処置の麻酔薬によってショックあるいは中毒症状を起こすことがあります。症状としては、気道閉塞感、嘔気、嘔吐、顔面蒼白、動悸、血圧低下があります。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

胃カメラの麻酔関連ページ

胃カメラ前日食事
胃カメラ前日の食事の事や検査当日の朝の事、胃カメラ検査後の食事について紹介しています。
胃カメラの手順
胃カメラの手順をわかりやすく説明しています。胃カメラの予約を入れて、これで安心して胃カメラ検査を受けましょう。
胃カメラ鎮静剤
胃カメラ鎮静剤を使用すると、内視鏡検査の不安や苦痛の軽減が可能となります。一方で副作用の発生もあるので注意も必要です。胃カメラ鎮静剤のことを紹介しています。
胃カメラ料金
胃カメラの料金について紹介しています。検査前に事前にどのくらい費用がかかるかわかっていると安心です。