胃カメラ手順、胃カメラ検査について

スポンサードリンク

胃カメラ検査手順

医師や看護師より検査予約時の説明をうける

内視鏡検査を受けることが決定したら、検査日を予約します。検査の予約時には、病状により検査の必要性について医師から説明があります。看護師から検査の流れや検査当日の手続き方法や検査前日や来院時の注意事項などの説明があります。

 

胃カメラ検査の前日注意事項

検査前日の夕食は消化の良いものを食べます。夕食は21時までにすませて、それ以降は絶食します。脱水予防のため、少量の飲水は可能です。飲む場合はお水やお茶を飲むようにしましょう。
その他の飲み物、アルコール、コーヒー、牛乳、乳製品などは飲まないでください。

 

 

胃カメラ検査当日
事前に配布されていた、胃カメラ同意書と問診票を病院に提出します。そして検査着に着替えて、検査室にいきます。

 

胃内の泡や粘液を除去し、観察がしやすいように前処置調整液を約50ml服用します。

 

スコープが喉を通る際の嘔吐反射を防ぐため、咽頭麻酔を行います。

 

検査は、検査台で左側臥位で行います。

 

胃腸の蠕動を抑えるためや唾液、胃液の分泌抑制のために医師の指示で鎮痙薬を注射します。

 

患者の希望で、不安や苦痛を軽減するために、鎮静剤や鎮痛薬を使用します。

 

内視鏡を飲むときはマウスピースを軽くかみ、顎をややひきます。医師により、口からファイバースコープ(内視鏡)が挿入されて、食道、胃、十二指腸の内部が観察されます。検査時間は5〜15分ほどです。最近では鼻から挿入できる経鼻内視鏡もあります。

 

鎮静薬や鎮痛薬を使用した場合は眠くなるので、検査後は眠気が覚めるまで休み安静にします。鎮静薬や鎮痛薬を使用したときは乗り物の運転は控えましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

胃カメラの手順関連ページ

胃カメラ前日食事
胃カメラ前日の食事の事や検査当日の朝の事、胃カメラ検査後の食事について紹介しています。
胃カメラの麻酔
胃カメラの麻酔について説明しています。胃カメラの麻酔の副作用についても紹介しています。スコープが喉を通る際の嘔吐反射を防ぐため、喉の局所麻酔などをして胃カメラの検査を行います。
胃カメラ鎮静剤
胃カメラ鎮静剤を使用すると、内視鏡検査の不安や苦痛の軽減が可能となります。一方で副作用の発生もあるので注意も必要です。胃カメラ鎮静剤のことを紹介しています。
胃カメラ料金
胃カメラの料金について紹介しています。検査前に事前にどのくらい費用がかかるかわかっていると安心です。