胃カメラ前日食事、検査後の食事について

スポンサードリンク

胃カメラ前日食事

胃カメラ前日の食事ですが、夕食は消化のよい物を食べて21時までにすませます。それ以降は絶食となります。少量のお水は取ってもいいですが、コーヒー、牛乳、乳製品などは内視鏡検査の妨げとなるので摂取しないようにします。

 

 

基本的には検査前日には肉類は避けて、消化の良い麺類やおかゆなどを食べるとよいでしょう。繊維質のものは消化が良くないのでダメです。

 

 

検査前日のおすすめメニュー

 

トースト 1枚
ポタージュスープ 180g

 

★前日は食物繊維や脂肪の少ないものにします。コーンスープなどツブツブのあるものは避けます。もう一品増やしたいときは厚焼き玉子や目玉焼きなどの卵料理がよいでしょう。

 

 

 

うどん 1杯

 

★うどんは具の入っていない素うどんがよいです。ネギなどの薬味は入れないようにして下さい。

 

 

 

おやつ

アイスクリーム150ml、プリン1個130g、ヨーグルト1個130g、お茶、紅茶、スポーツドリンク、実の入っていないジュース、キャンディなどの中から!

 

★水分はできるだけ多くとって、カスの残るジュース類はやめましょう。

 

 

 

おかゆ茶わん 1.5杯

 

味噌汁 1杯

 

梅干しペース ト少量

 

冷奴 半丁

 

★味噌汁には、大根、ネギなどの野菜は入れないで、冷奴にもネギや鰹節などの薬味は使いません。もう一品加えるなら、具の入っていない茶わん蒸しなどがよいでしょう。

 

 

 

 

検査当日の朝は

 

食事は一切とりません。甘味飲料(アメ・ガム含む)は一切取らないでください。

 

脱水症状予防のため朝7時頃までにコップ1杯のお水は飲むようにして下さい。

 

 

 

胃カメラ検査後の食事について

 

胃カメラ検査では、喉に麻酔をしたので、胃カメラ検査後2時間は絶飲食です。麻酔で喉が弱くなっているのが分かると思います。 その後、少量の水分を摂って、喉の違和感もなく、むせたりもなければ、飲食可能です。不安なときは医師や看護師さんに相談してください。

 

 

スポンサードリンク

胃カメラ前日食事関連ページ

胃カメラの手順
胃カメラの手順をわかりやすく説明しています。胃カメラの予約を入れて、これで安心して胃カメラ検査を受けましょう。
胃カメラの麻酔
胃カメラの麻酔について説明しています。胃カメラの麻酔の副作用についても紹介しています。スコープが喉を通る際の嘔吐反射を防ぐため、喉の局所麻酔などをして胃カメラの検査を行います。
胃カメラ鎮静剤
胃カメラ鎮静剤を使用すると、内視鏡検査の不安や苦痛の軽減が可能となります。一方で副作用の発生もあるので注意も必要です。胃カメラ鎮静剤のことを紹介しています。
胃カメラ料金
胃カメラの料金について紹介しています。検査前に事前にどのくらい費用がかかるかわかっていると安心です。