回復期の栄養たっぷり胃に優しい献立

スポンサードリンク

回復期の栄養たっぷり胃に優しい献立

【朝】

 

温泉卵

 

<材料(1人分)>
卵(新鮮なもの) 1個

 

『A』
だし 大さじ1

 

しょうゆ 小さじ1/3

 

みりん 少々

 

 

 

<作り方>
@60〜70度の湯をたっぷり用意して、塩を加えて卵を殻つきのまま入れ、冷めないように保温して40分おく。

 

A器に割入れ、Aを合わせてかけ、あれば木の芽を添える。

 

 

納豆のおろしあえ

 

<材料(1人分)>
ひき割り納豆 30g

 

大根おろし 50g

 

しょうゆ 小さじ1/2

 

 

 

<作り方>
@大根をおろして水けを軽くきる。

 

A納豆と合わせて器に盛って、しょうゆをかけて食べる。

 

 

かぶと葉の味噌汁

 

<材料(1人分)>
かぶ 50g

 

かぶの葉 15g

 

だし 3/4カップ

 

みそ 小さじ1強

 

 

<作り方>
@かぶは5mm厚さのいちょう形に切り、だしでやわらかく煮る。

 

Aみそをとき入れ、ゆでて3cmに切った葉を散らし、一煮する。

 

 

ご飯

 

<材料(1人分)>
ご飯 150g

 

 

 

【昼】
冷やし肉みそうどん

 

<材料(1人分)>
きしめん(乾燥したもの) 70g

 

『肉みそ』
豚赤身ひき肉50g、油小さじ1弱、赤こしみそ大さじ1強、酒小さじ1、水1/4カップ、砂糖小さじ1/2、ねぎのみじん切り15g、片栗粉小さじ1/3

 

木綿豆腐 80g

 

トマト 50g

 

オクラ、きゅうり 各1本

 

サニーレタス 1/2枚

 

『B』
しょうゆ大さじ1/2弱、酢大さじ1/2、しょうが汁少々

 

 

<作り方>
@きしめんは熱湯でゆでて水けをきる。

 

Aなべに油を熱してひき肉をいため、色が変わったら水と酒、みそ、砂糖を合わせてとき入れ、煮立ったら片栗粉の水どきを流してとろみをつけ、ねぎをまぜる。

 

Bトマトは皮と種を除いて1cm角に、オクラはゆでて輪切り、きゅうりは半月切りにする。とうふは1cm角に切る。

 

Cきしめんに肉みそをかけ、Bとレタスを添えてBをかける。

 

 

オレンジゼリー

 

<材料(1人分)>
オレンジジュース(果汁100%) 75cc

 

板ゼラチン 2g

 

水 25ml

 

<作り方>
@ゼラチンは水につけてふやかす。

 

A分量の水に砂糖を加えて煮溶かし、火を止めて@を入れ、余熱でとかす。

 

Bあら熱が冷めるまでおき、オレンジジュースを加えて型に流し、冷やし固める。

 

※ゼラチンは粉末でかまいませんが、板ゼラチンのほうが純粋なので、なめらかにできます。粉末の場合も作り方は同じです。

 

 

 

 

【間食】
フルーツミックスジュースとクラッカー

 

<材料(1人分)>
バナナ 1/4本(25g)

 

桃 1/4個(45g)

 

メロン 1/8個(40g)

 

牛乳 1/2カップ

 

砂糖 大さじ1/2強

 

クラッカー 5枚

 

 

<作り方>
@バナナと桃、メロンはそれぞれ皮をむいて3〜4cm角に切り、牛乳と砂糖とともにミキサーにかける。

 

Aジュースをグラスに注ぎ、クラッカーを添える。

 

 

 

【夕】
白身魚のピカタ
<材料(1人分)>
白身魚 1切れ(80g)

 

塩 少々

 

白ワイン 小さじ1強

 

卵 1/3個

 

粉チーズ 大さじ1/2

 

バター 小さじ1

 

じゃがいも 50g

 

グリーンアスパラガス 30g

 

プチトマト 30g

 

 

<作り方>
@魚は1切れを二つ〜三つにそぎ切りにし、塩をワインを振ってしばらくおき、水けをふいて小麦粉を薄くまぶす。

 

A卵はときほぐして粉チーズを加える。

 

Bフライパンにバターをとかし、魚にAの卵液をつけて入れ、焦がさないように両面を弱火で焼く。卵液が残ったら、途中で魚にかけてからませながら焼き上げ、器に盛る。

 

Cじゃがいもは5mm厚さの輪切りにして洗い、やわらかくゆでる。アスパラはゆでて3cmに切り、プチトマトとともに縦二つに切る。以上をピカタに合わせる。

 

 

 

夏みかんとレタスのサラダ

 

<材料(1人分)>
夏みかん(甘夏) 40g

 

レタス 1枚

 

きゅうり 1/4本

 

<作り方>
@夏みかんは薄皮をむいて身を取り出す。

 

Aレタスは一口大にちぎる。きゅうりは皮を縞目にむいて縦半分に切り、ななめ薄切りにする。以上をまぜて器に盛り、夏みかんの風味と酸味で食べる。

 

※夏みかんは酸味の少ないものを選びます。

 

かぼちゃのポタージュ

 

<材料(1人分)>
かぼちゃ 75g

 

玉ねぎ 20g

 

バター 小さじ1/2強

 

スープ 75cc

 

牛乳 3/4カップ

 

塩 少々

 

 

<作り方>
@かぼちゃは皮をむいて7mm厚さに切り、玉ねぎは横に薄く切る。

 

Aなべにバターをとかして玉ねぎを入れ、色づかないようにいため、しんなりしたらかぼちゃを加え、スープと牛乳の半量を加えて弱火で約20分、かぼちゃが煮くずれるまで煮る。

 

Bミキサーにかけてなべに戻し、残りの牛乳を加えてさらに10分、とろりとするまで煮て塩味をととのえる。

 

 

ロールパン

 

<材料(1人分)>
ロールパン 2個(60g)

 

 

 

スポンサードリンク

回復期の栄養たっぷり胃に優しい献立関連ページ

消化の良い胃に優しい全がゆの作り方
胃の具合のわるいときは、おかゆは欠かせない料理です。胃に負担をかけない消化のよい胃に優しい全がゆの作り方をご紹介いたします。
軟食期の野菜も使った胃に優しい献立
軟食期の野菜も使った胃に優しい献立を紹介しています。退院したばかりや胃の痛みなどの症状がある軟食期の献立です。
食べやすい全がゆの胃に優しい献立
食べやすい全がゆの胃に優しい献立です。胃に優しい果物を添えて食べやすいレシピです。手軽に作れます。
美味しい回復期の胃に優しい献立
胃に優しい美味しい回復期の食事の献立を紹介しています。簡単にできるレシピです。
胃に優しい茶わん蒸しレシピ
胃に優しい茶わん蒸しレシピを紹介します。家族皆で食べる楽しさは療養する人にとっては何よりも励みです。大きな器にまとめて蒸して食卓で取り分けて食べましょう。
胃に優しいうどんレシピ
胃に優しい料理と言えば、やはりうどんです。 消化が良くて、熱を加えるので具材も柔らかくなり、胃の消化を助けます。
胃に優しいスープレシピ
胃に優しいスープを紹介しています。野菜たぷりで消化のよいポタージュは、なめらかな口当たりで栄養豊かで、胃の調子が悪い時には好適です。
胃に優しい手作りデザート
砂糖を多く使ったデザートは、胃に負担をかけます。市販品よりも砂糖の調節ができる手作りのものを利用しましょう。栄養効果の高い食品を使った、エネルギー補給も兼ねた胃に優しい手作りデザート・お菓子を紹介しています。
風邪で食欲がない・胃の調子が悪い時の献立
風邪で食欲がないなど、胃の調子が悪い時の献立を紹介します。 胃の調子が悪い時や風邪で熱があるときなどに食べやすいものを作って食べましょう。