胃が痛い・胃もたれなどの症状がある病気

スポンサードリンク

胃が痛い・胃もたれなどの症状がある病気

「胃が痛い」、「胃もたれ」などの症状があるのに、医療機関で詳しく検査を受けても特に異常が見当たらない人が多くいます。このように検査で異常が見られないのに、胃の不快な症状が続く状態を「機能性ディスペプシア」と呼びます。従来日本で「慢性胃炎」や「神経性胃炎」と呼ばれてきたものですが、より適切に対処するために導入された、新しい病気の概念です。

 

機能性ディスペプシアとは

食事をして、胃まで食べ物が運ばれると、胃の上部が広がり食べ物を受け入れ、胃液が分泌されます。そして、波打つように動き(蠕動運動)胃液と混ぜ合わせて、食べ物を粥上にして十二指腸へ送り出します。ところが、機能性ディスペプシアでは、食べ物が運ばれても胃の上部が広がらないので早期膨満感が起きて、蠕動運動が弱くなり食後の胃もたれが起きて、胃液に含まれる胃酸に対して胃や十二指腸が過敏になり、みぞおちの痛みなど現れます。これらは単独でなく、複合的に現れる特徴があります。機能性ディスペプシアの原因は、はっきりとはわかっていません。ただ、胃の働きには自律神経が関わっているので、ストレスにより自律神経の働きが乱れることで、胃の働きに悪影響が及ぶのではないかと考えられています。これらの症状がある場合、医療機関を受診する前に、胃に負担をかけない生活を送るようにします。食習慣を改善し、睡眠を十分とり、ストレスの軽減に努めるようにするだけでも、胃の負担が減り、症状が和らぐことがあります。

 

生活習慣の改善を1週間くらい続けても症状が改善しないときは、消化器の専門医を受診してください。医療機関では、胃潰瘍や胃ガンなどの病気がないか調べるのに、胃の内視鏡検査を受けます。その結果、これらの病気がないことが確認されて、それでも症状が続いている場合は、機能性ディスペプシアの可能性が高いと考えられます。
患者の3割ほどは、医師の説明を受けて胃の異常がないとわかると、納得できて安心して症状が治まってきます。症状が治まらないときには、生活習慣の改善とともに、症状に合わせた薬物療法を行います。

 

機能性ディスペプシアがある人の約9割は、受診して不安を解消したり、薬物療法を受けたりすることで症状が治まります。しかし、胃の不快な症状があって続いていても医療機関を受診しない人もいます。一人で胃の悩みを抱えないで、病院を受診してみることも大事です。

 

 

ピロリ菌を除去して胃を守る

みぞおちの強い痛みなどが現れる胃潰瘍。胃潰瘍の最大の原因はピロリ菌の感染です。ピロリ菌は口から侵入し、アンモニアで身を守りながら胃に住み着きます。ピロリ菌を除去することにより胃潰瘍が治癒し、再発も起こりにくくなることがわかっています。ピロリ菌を除去するためには、除去療法が必要です。ピロリ菌に感染しているかどうかはを調べる検査には、内視鏡検査と一般検査があります。一般検査には、「尿素呼気試験」「便中抗原検査」「抗体検査」の3種類があり、そのうち2つ以上を受けて、その結果で判断するのが望まれます。

 

ピロリ菌の感染が判明したら、2種類の抗菌薬と、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬を使った除菌が行われます。1次除菌では、約8割の人が除菌に成功します。失敗しても、2次除菌を行うと約9割の人が成功するので、両者を併せると成功率は95%以上です。

 

除菌療法に成功した人が、再びピロリ菌に感染することはほとんどありません。そのため、除菌が成功すると、胃潰瘍の治癒だけでなく、再発予防もできるのです。ただし、ピロリ菌の検査や除菌療法で健康保険が適用されるのは、胃潰瘍などの病気がある場合に限られます。

スポンサードリンク

胃が痛い・胃もたれなどの症状がある病気関連ページ

急性胃炎
急性胃炎の症状、原因、治療法を紹介しています。食事療法は、胃に負担のかからないような食事内容に注意しましょう。安静を心がけて早期回復を目指しましょう。
急性胃粘膜病変
急性胃粘膜病変の原因、症状、治療法を紹介しています。この疾患は吐血や下血を引き起こしますが、出血の対策が出来れば、胃酸分泌抑制剤と数日間の絶食により短期間に治癒します。
慢性胃炎
慢性胃炎の原因、症状、治療法を紹介しています。慢性胃炎とは、胃粘膜に存在する胃腺が萎縮して胃液の酸度が低下した状態をさします。
胃潰瘍
胃潰瘍について紹介しています。胃潰瘍とは日常によくみられる病気です。胃潰瘍の症状や原因や治療法を知り再発しないように心がけましょう。
十二指腸潰瘍
十二指腸潰瘍の症状、原因、治療法を解説しています。日常よくみられる病気です。
胃びらん
胃びらんの症状、原因、治療法について紹介しています。胃びらんの原因はストレスがかかわっていると考えられています。慢性胃炎と同様の治療を行います。
胃けいれん
胃けいれんの症状、原因、治療法について紹介しています。胃けいれんとは激しい胃の痛みをが起こる症状のことをいいます。
胃酸過多症
胃酸過多症の症状、原因、治療法を紹介しています。胃酸過多症は胸やけ、げっぷ、胃もたれなどの症状が現れます。
低酸症・無酸症
低酸症・無酸症の症状や原因や治療法を紹介しています。
空気嚥下症・呑気症
空気嚥下症・呑気症の症状、原因ち、治療法を紹介しています。空気嚥下症は呑気症とも呼ばれています。げっぷ、腹部の膨満)などの症状を起こす病気です。
NUD(機能性胃腸症)
NUD(機能性胃腸症)の原因、症状、治療法を紹介しています。胃もたれ、吐き気、胸やけ、嘔吐などの症状が出る病気です。比較的新しい概念です。
機能性ディスペプシア(FD)
機能性ディスペプシア(FD)の診断について紹介しています。体に病変がみられない上腹部のはっきりしない不調は、機能性ディスペプシア(FD)という疾患名で診断されるようになってきました。
胃がん
胃がんの症状、原因、治療法を紹介しています。胃がんは胃の粘膜から発生するがんです。早期発見に努めることが大切です。
胃切除後症候群
胃切除後症候群は胃の手術後に新しくさまざまな症状が出現することがあります。このような障害を胃切除後症候群といいます。胃切除後症候群について紹介しています。
胃ポリープ
胃ポリープの症状、症状、原因、治療法を紹介しています。
胃粘膜下腫瘍
胃粘膜下腫瘍の症状、原因、治療法、診断法などを紹介しています。
急性胃拡張
急性胃拡張の原因、症状、治療法を紹介しています。
胃アトニー・胃下垂
胃アトニー・胃下垂はどんな病気か。症状や原因、検査と診断、治療法を紹介しています。
胃MALTリンパ腫
胃MALTリンパ腫とはどんな病気か症状と検査と診断、治療法を紹介しています。
メネトリエ病(胃巨大皺襞症)
メネトリエ病(胃巨大皺襞症)はどんな胃の病気か、メネトリエ病の症状、検査と診断、治療法を紹介しています。
神経性胃炎(胃神経症)
神経性胃炎(胃神経症)とはどんな病気か。神経性胃炎(胃神経症)の症状、検査と診断、治療法を紹介しています。
胃石
胃石の症状、検査と診断、治療法を紹介しています。胃石とは、食物成分や異物が胃内で物理的・科学的変化により、欠席かしたものを胃石といいます。