胃がんステージ

スポンサードリンク

胃がんのステージ

胃がんの治療方針を決定するには、胃がんのステージ(病期)、つまり現在、がんがどの程度、進んでいるのか知ることが必要です。

 

ステージが早い段階であればあるほど、治る確率も高まります。

 

早期胃がんは、リンパ節転移がないか、あっても胃に近いところにしかみられないことが多く、ステージTAかステージTBにあたる例が大半です。

 

リンパ節の転移の状況

胃の周囲のリンパ節は、胃に近いほうから3つのグループに分けられます。がんの転移は、胃に近い第1群からはじまり、第2群、第3群へと広がるのが一般的です。
リンパ節の状況をN0〜N3の4段階でみます。

 

 

がんの深さ

がんは粘膜層からはじまって、進行するにつれ胃壁の奥へと深まっていきます。そこでがんの深さをT1〜T4にわけてみていきます。

 

転移がどこまでみられるか、がんの深さが胃壁のどこまで到達しているのか、この2つの視点からがんの進み具合を判断します。

 

 

胃がんのステージ分類

スポンサードリンク

胃がんステージ関連ページ

スキルス胃がんとは
スキルスがんとは未分化型のがんです。特徴は、若い人に多く、胃の壁が硬く、伸びが悪くなる硬化型のがんです。スキルス胃がんの特徴を紹介しています。
胃がん手術後の食事
胃がんの手術後の食事はとても大切です。無理な負担をかけると他の症状を発症します。症状としてはダンピング症候群や、ひどいと潰瘍も発症してしまいます。
胃がん○×クイズ
胃がんの最新情報や基本的な情報をわかりやすく○×クイズで知りましょう。豆知識として、知っていると大変役に立ちます。問題に答えて少しでも知識をつけて賢くなりましょう。