胃がん手術後の食事

スポンサードリンク

胃がん手術後の食事

術後は胃が小さくなっているのでゆっくりと食べる事が大切です。理由は、小さくなった胃は少し食べただけでもすぐに満腹になり、満腹感を感じるのが早いからです。その為、栄養不足にながちで、たんぱく質が不足すると余計に傷の回復が遅れてしまいます。又、術後のよくあるパターンとして、食後の動悸、腹痛、吐き気など起こる事があります。これらはダンピング症候群と言う症状と呼びます。食事は、消化の良い食べ物を一口、二口づつ少量を食べ、固形物はよく噛んで食べる事によってこれらの症状を防ぐ事が出来ます。

 

@食事はゆっくりと焦らず無理をしない事

一回で食べれる分が少なくなってしまいますが焦りは禁物。無理に食べない事が大切です。

 

A食事の回数を増やす事

一度の食事で栄養を摂取できないので、一日を5回位など回数を分けて食べるとよいです。徐々に胃が慣れてきたら回数を減らして普段の三食に戻しましょう。

 

B料理にひと工夫する

胃を一部、全部摘出した場合は、どうしても短時間で胃を通過して、消化しきれていない状態で腸に食物が送られます。その為、腸にその分の負担が、かかってしまいます。その為、消化のよい食品を選び、事前に肉は叩いてミンチにしたり、魚はすり身にしたり、野菜は煮込んだりして消化、吸収しやすいように料理でひと工夫する事も大切です。

 

C少量でも栄養バランスを考えて献立する

体力を回復するには、とにかく必要な栄養をバランスよく効率よく摂取する事が大切です。たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン類、ミネラルを偏ることなく組み合わせましょう。結果的に、自然治癒を高めることになり回復が早くなります。

 

Dとにかくよく噛む

一口で30回は噛む努力をしましょう。よく噛むことで消化を助け、食物にも唾液がよく混ざり、胃腸消化の負担が大幅に軽減されます。

 

 

スポンサードリンク

胃がん手術後の食事関連ページ

胃がんステージ
胃がんの進行度、胃がんのステージを知ることで、ガンの進み具合から治療方針を決定します。
スキルス胃がんとは
スキルスがんとは未分化型のがんです。特徴は、若い人に多く、胃の壁が硬く、伸びが悪くなる硬化型のがんです。スキルス胃がんの特徴を紹介しています。
胃がん○×クイズ
胃がんの最新情報や基本的な情報をわかりやすく○×クイズで知りましょう。豆知識として、知っていると大変役に立ちます。問題に答えて少しでも知識をつけて賢くなりましょう。