スキルス胃がんとは

スポンサードリンク

スキルス胃がんとは

スキルスがんとは未分化型のがんです。特徴は、若い人に多く、胃の壁が硬く、伸びが悪くなる硬化型のがんです。普通、がんは壁から盛り上がることが多いですが、スキルスは壁の中を這って進み、高い確率で壁の外側にも広がり、がん性腹膜炎を起こします。腹水がたまるほど進行した末期の段階になり、初めて発見されることが多いのです。

 

胃の表面にあまり出ないので、胃の壁に沿って広く発育し、胃が堅く細く、しかもせまくなるタイプの癌です。しかも初期は胃の表面に凸凹さえないので発見は大変困難といえます。だから多くの場合がきづいたときには、広範囲に広がっていて腹膜に転移が認められ治りにくいことで知られています。現在でもスキルスについては。、はっきりわかっていません

 

このため内視鏡検査では発見は非常に難しいです。胃の壁の伸びが悪かったり、壁のひだが太くなっていることなどから見つかる場合もありますが、内視鏡検査では、胃の壁の中の状況はわからず、早期発見は極めて困難です。むしろ、バリウム検査のほうが胃の外側の様子も観察できるので、胃の壁の伸びの悪さなどが見つかる場合もあります。

 

スキルスがんでも治療可能な場合には手術で胃を全摘します。ただし、進行が早いので手術で治療できない場合も多くあります。
スキルスがんは胃がん全体の約10%にみられ、とくに若年者や女性では頻度が高いことがわかっていて先天性な要因とも言われています。

スポンサードリンク

スキルス胃がんとは関連ページ

胃がんステージ
胃がんの進行度、胃がんのステージを知ることで、ガンの進み具合から治療方針を決定します。
胃がん手術後の食事
胃がんの手術後の食事はとても大切です。無理な負担をかけると他の症状を発症します。症状としてはダンピング症候群や、ひどいと潰瘍も発症してしまいます。
胃がん○×クイズ
胃がんの最新情報や基本的な情報をわかりやすく○×クイズで知りましょう。豆知識として、知っていると大変役に立ちます。問題に答えて少しでも知識をつけて賢くなりましょう。