胃潰瘍

スポンサードリンク

胃潰瘍

胃潰瘍は、本来は食べ物を消化する胃酸やペプシン(酵素の一種)が、自らの胃壁を溶かして、粘膜組織を欠損させてしまう病気です。ストレスなどによる血流障害が原因といわれますが、ピロリ菌の保菌者は、そうでない人に比べて、深い潰瘍ができやすい傾向があります。近年、非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)の服用により、潰瘍ができる例も増えています。

 

胃潰瘍に悩む人の数は、年々増え続けています。最近では中高生や子供にまでその層が広がり、非常にポピュラーな病気となりました。ただ、、潰瘍のある人の中でも。痛みや出血などの自覚症状もある人もいれば、定期健診などで潰瘍が見つかったが自覚症状がなかったという人など、その程度は様々です。それだけ、自分では気づかずに潰瘍を抱えている人も多くいるということです。

 

ピロリ菌と胃潰瘍

胃潰瘍を調べるとピロリ菌と言う言葉が必ず出てきます。理由は主な原因が、胃粘膜にすみつく細菌であるピロリ菌感染や非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAID)であり、そこに酸やペプシンによる消化作用が加わって潰瘍ができます。このピロリ菌は持続感染が胃がんの危険要因とも言われています。

胃潰瘍記事一覧

胃潰瘍とは

胃潰瘍とは、日常よくみられる病気です。胃から分泌される胃液中の胃酸や消化酵素のペプシンなどが、食物を消化するだけでなく、胃の内側をおおっている粘膜をも消化してしまい、その粘膜の孔があいた結果生じる病気です。胃潰瘍は、胃の粘膜を消化しておこるため、消化性潰瘍ともよばれています。胃潰瘍は、胃の心弯部(胃...

≫続きを読む

 

胃潰瘍症状

胃の粘膜に起こった欠損が、粘膜下の筋層にまで達する病気です。自覚症状は様々ですが、腹痛は最も多い症状で、とくに食後にみぞおちのあたりに痛みを訴えますが、食事と関係なく傷んだり、夜間に痛むこともあります。痛みの症状と併せて、胸やけやげっぷ、呑酸、胃もたれ、むかつきや嘔吐、さらに吐血は、嘔吐とともに血を...

≫続きを読む

 

胃潰瘍原因

胃の中では、食物を消化するために胃酸やペプシンという消化酵素を分泌していますが、酸度の強いこれらの物質は粘膜をきずつけやすいので、同時に粘膜を保護する粘液やプロスタグランジンと呼ばれる物質が分泌されています。通常は、この両者がバランスよく分泌されるので、粘膜に傷がつくということはありませんが、バラン...

≫続きを読む

 

胃潰瘍検査と診断

胃潰瘍の診断は、腹痛などの症状の特徴、腹部の診断によって行われます。しかし、胃炎、胃がんなどの他の疾患との正確な判別はむずかしく、診断を確定するには、胃(上部消化管)X線検査や胃(上部消化管)内視鏡検査が必要になります。X線検査と内視鏡検査はそれぞれ利点があり、その組み合わせで診断がなされます。胃X...

≫続きを読む

 

胃潰瘍治療

胃潰瘍の治療法は、過労やストレスを避け、安静を心がけます。治療の基本は薬物療法で、胃酸やペプシンの分泌を抑える薬、胃酸やペプシンの消化力を弱める薬、粘膜を保護する薬、粘液を増加させる薬などを服用します。こららの薬は、症状が軽快しても医師の指示どおりにのみ続けることが大切で、自己判断で服用を中止すると...

≫続きを読む

 

胃潰瘍再発の防止

胃潰瘍は入院や通院で内科的治療を行えば多くは治癒します。しかし、いったん潰瘍が治癒しても、ピロリ菌が除菌されなかったり、潰瘍薬なしに非ステロイド性消炎鎮痛薬の治療を継続すると、約半数の人が再発するといわれています。ピロリ菌の除菌治療をしっかり行うことで、胃潰瘍の再発が減少します。胃潰瘍の再発防止には...

≫続きを読む

 

胃潰瘍食事

@ふつう時の食事胃から多量に出血したり、急激な腹痛を起こしている場合以外は、原則としてやわらかい食品といった食事制限は行わないで、香辛料の強い刺激のあるものを除けば、ふつうに食事をとってもかまいません。食欲に応じて積極的に栄養を補給した方が潰瘍の治りは早いものです。A食事時間長時間胃を空にしておくと...

≫続きを読む

 

胃潰瘍手術

外科的治療について内科的治療を積極的に行っても治まらない場合は、難治性潰瘍ということになり、手術が必要なことがあります。それに、内科的治療でいったん治っても、再発を繰り返し、潰瘍瘢痕による狭窄症状が出現し、そのため日常生活や仕事に支障があるような場合は手術が勧められます。しかし最近では薬剤の進歩によ...

≫続きを読む

 

子供の消化性潰瘍

内視鏡の進歩によって子供たちにも見つかる率が上がっています。実は、子供にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍はおこります。最高酸分泌量は、生後24週までに大人と同じレベルになるといわれています。いっぽう新生児の消化性潰瘍の原因は、出生時の低酸素血症などがあげられます。乳幼児期はやけど、感染などの身体的ストレスを受...

≫続きを読む

 

高齢者の消化性潰瘍

高齢になると十二指腸潰瘍は減少して、胃潰瘍が多くなります。ふつう、胃潰瘍は胃の下部である前庭部、胃角部にできやすいのですが、高齢者では胃の上部にあたる胃体部におこりやすくなります。高齢者の症状は一般に軽い傾向にあり、多くは腹痛よりも食欲不振、吐き気、嘔吐が目立つようになります。最近では、抗凝固薬や抗...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク