胃潰瘍治療

スポンサードリンク

胃潰瘍治療

胃潰瘍の治療法は、過労やストレスを避け、安静を心がけます。治療の基本は薬物療法で、胃酸やペプシンの分泌を抑える薬、胃酸やペプシンの消化力を弱める薬、粘膜を保護する薬、粘液を増加させる薬などを服用します。こららの薬は、症状が軽快しても医師の指示どおりにのみ続けることが大切で、自己判断で服用を中止すると、再発率が高くなります。

 

出血がひどいときは、内視鏡下で止血をする場合もあります。そのつぎに非ステロイド性消炎鎮痛薬を服用している人で、服用を中止できる場合には中止します。ピロリ菌の関与が疑われる場合は、抗生物質を用いるピロリ菌除去療法を行うこともあります。ピロリ菌を駆除すると、再発率が低下するといわれています。ピロリ菌が陰性の場合、あるいは、非ステロイド性消炎鎮痛薬が中止できない場合は、酸分泌抑制薬を中心とした治療を継続します。

 

現在は早期に診察を受ける人が多く、診断システムがゆきわたり、薬剤が進歩したことで、ほとんどの人は内科的治療で治すことができます。しかし、再発も多く、治癒と再発を繰り返すうちに合併症をおこし、手術が必要となる場合もあります。

 

近年、内視鏡を用いた止血術の発達と、抗生物質を用いた除去療法の確立により、胃潰瘍の手術はあまり行われなくなっています。

 

ピロリ菌の除菌が第一選択

 

薬物療法・・・いくつもの種類があり作用も薬によって大きく異なりますが次にような薬があります。

 

1 ピロリ菌を除菌する抗生物質と酸分泌抑制薬の組み合わせ。
2 胃酸やペプシンの分泌を抑える薬としてヒスタミン2型受容体拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬。
3 胃酸やペプシンの消化力を抑える薬として、制酸薬、抗ペプシン薬。
4 胃酸やペプシンから粘膜を防御して、潰瘍の治癒をはかる粘膜防御因子増強薬。
5 ストレスを軽減させる薬として、抗下安薬。

 

など状況によって薬の量や種類が決められます。

スポンサードリンク

胃潰瘍治療関連ページ

胃潰瘍とは
胃潰瘍とはどんな病気か。できやすい部位や消化性潰瘍のできやすい人などの解説をしています。
胃潰瘍症状
胃潰瘍の症状について紹介しています。胃潰瘍の自覚症状はさまざまです。
胃潰瘍原因
胃潰瘍の原因について解説しています。胃潰瘍のおもな原因は、ピロリ菌であるともいわれています。胃の中の環境のバランスが問題です。
胃潰瘍検査と診断
胃潰瘍の診断と検査について紹介しています。X線検査や内視鏡検査が主体です。
胃潰瘍再発の防止
胃潰瘍の再発防止には、症状にあった治療を受けて、食事療法を行ったり、生活習慣の見直しをして改善しましょう。
胃潰瘍食事
胃潰瘍の食事療法の基本について紹介しています。 きちんとした食生活をし、胃潰瘍を早く治しましょう。
胃潰瘍手術
胃潰瘍手術について紹介しています。回復には個人差もありますので、手術後の生活には気を付けましょう。
子供の消化性潰瘍
子供の消化性潰瘍について紹介しています。子供にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍は起こります。生活環境の変化により増加傾向にあります。大人と同様注意しましょう。
高齢者の消化性潰瘍
高齢者の消化性潰瘍について紹介しています。高齢者は症状が軽いので発見が遅れることがあるので注意しましょう。