胃潰瘍原因

スポンサードリンク

胃潰瘍原因

胃の中では、食物を消化するために胃酸やペプシンという消化酵素を分泌していますが、酸度の強いこれらの物質は粘膜をきずつけやすいので、同時に粘膜を保護する粘液やプロスタグランジンと呼ばれる物質が分泌されています。

 

通常は、この両者がバランスよく分泌されるので、粘膜に傷がつくということはありませんが、バランスが崩れて粘膜を攻撃する物質が過剰になると、粘膜の障害が進行します。

 

多くの実験結果より、ストレス下では自律神経を介して胃の血流が障害され、胃酸分泌が増えて、防御因子の低下、攻撃因子の増加が生じ、潰瘍ができやすい状態になると考えられます。

 

攻撃因子と防御因子のバランスを崩す原因は、非ステロイド性消炎鎮痛剤、解熱鎮痛薬、ストレス、飲酒、香辛料などの嗜好品が知られています。ストレスを受けた時や、風邪などで薬を服用した後に胃が痛くなることがあるのはこのためです。また、患者の7割以上にヘリコバクター・ピロリ菌の感染がみられることから、その関与も指摘されています。

 

最新・胃潰瘍の原因

 

現在では、胃潰瘍の主な原因はピロリ菌感染であると言われています。従来は、潰瘍の原因論として1961年のバランス説が有名でした。それは、「胃酸やペプシンなど胃の粘膜を傷害しうる攻撃因子と、胃の粘膜を保護する防御因子のバランスの乱れによって、潰瘍が作られる」という理論です。この考え方は、ピロリ菌感染による潰瘍の生成の場合にも十分に通じる考え方です。

 

スポンサードリンク

胃潰瘍原因関連ページ

胃潰瘍とは
胃潰瘍とはどんな病気か。できやすい部位や消化性潰瘍のできやすい人などの解説をしています。
胃潰瘍症状
胃潰瘍の症状について紹介しています。胃潰瘍の自覚症状はさまざまです。
胃潰瘍検査と診断
胃潰瘍の診断と検査について紹介しています。X線検査や内視鏡検査が主体です。
胃潰瘍治療
胃潰瘍の治療法について紹介しています。再発も多いので安静を心がけ、医師の指示通りに薬を飲みましょう。
胃潰瘍再発の防止
胃潰瘍の再発防止には、症状にあった治療を受けて、食事療法を行ったり、生活習慣の見直しをして改善しましょう。
胃潰瘍食事
胃潰瘍の食事療法の基本について紹介しています。 きちんとした食生活をし、胃潰瘍を早く治しましょう。
胃潰瘍手術
胃潰瘍手術について紹介しています。回復には個人差もありますので、手術後の生活には気を付けましょう。
子供の消化性潰瘍
子供の消化性潰瘍について紹介しています。子供にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍は起こります。生活環境の変化により増加傾向にあります。大人と同様注意しましょう。
高齢者の消化性潰瘍
高齢者の消化性潰瘍について紹介しています。高齢者は症状が軽いので発見が遅れることがあるので注意しましょう。