胃潰瘍検査と診断

スポンサードリンク

胃潰瘍検査と診断

胃潰瘍の診断は、腹痛などの症状の特徴、腹部の診断によって行われます。しかし、胃炎、胃がんなどの他の疾患との正確な判別はむずかしく、診断を確定するには、胃(上部消化管)X線検査や胃(上部消化管)内視鏡検査が必要になります。X線検査と内視鏡検査はそれぞれ利点があり、その組み合わせで診断がなされます。

 

胃X線検査は、造影剤であるバリウムおよび胃を膨らます発泡剤を飲んで、体を動かすことにより胃壁の凹凸を詳細に描出し、X線撮影を行う検査法です。大きくわけてスクリーニング検査と精密検査の二つに分けられます。内視鏡検査が普及し、X線検査の件数は減少傾向にありますが、内視鏡検査と比べると、食道・胃・十二指腸を広範囲で観察することができるので、病変の大きさや広がりを客観的に評価できる点で優れています。

 

胃内視鏡検査は、内視鏡(胃カメラ)を口から挿入し、食道、胃、十二指腸を直接観察する検査法です。先端に撮像装置(CCD)を装着した電子スコープが用いられ、消化管内腔の色調や凹凸が周囲と異なる病変部位を診断します。必要があれば生検鉗子というもので組織標本を採取して、病理組織学的検索を行うことができます。潰瘍の存在、部位、形、大きさ、深さ、個数などを直接観察することができ、また組織の一部を採取し、顕微鏡による病理組織学的検索をすることにより、炎症の状態さらには良性潰瘍と悪性潰瘍(がん)などの識別ができる利点があります。

 

吐血や下血の場合は内視鏡検査が優先され、出血している場合は内視鏡を用いて止血術が行われます。

 

検査前日は午後9時以降の食事や飲酒を禁止し、検査当日は少量の飲水および必要最小限の内服以外はできません。検査の数分前に、局所麻酔で咽頭を麻酔します。消化管運動および唾液や胃液分泌の抑制のために副交感神経遮断剤の筋肉注射を行うこともあり、この場合は、緑内障、前立腺肥大、心疾患がある人には使用できません。

 

細菌では鼻から細いスコープを挿入して観察する経鼻内視鏡が開発され、この方法は、スコープが舌根に触れないので、咽頭反射や嘔吐感がおきにくく、苦痛が少ないと言われています。

スポンサードリンク

胃潰瘍検査と診断関連ページ

胃潰瘍とは
胃潰瘍とはどんな病気か。できやすい部位や消化性潰瘍のできやすい人などの解説をしています。
胃潰瘍症状
胃潰瘍の症状について紹介しています。胃潰瘍の自覚症状はさまざまです。
胃潰瘍原因
胃潰瘍の原因について解説しています。胃潰瘍のおもな原因は、ピロリ菌であるともいわれています。胃の中の環境のバランスが問題です。
胃潰瘍治療
胃潰瘍の治療法について紹介しています。再発も多いので安静を心がけ、医師の指示通りに薬を飲みましょう。
胃潰瘍再発の防止
胃潰瘍の再発防止には、症状にあった治療を受けて、食事療法を行ったり、生活習慣の見直しをして改善しましょう。
胃潰瘍食事
胃潰瘍の食事療法の基本について紹介しています。 きちんとした食生活をし、胃潰瘍を早く治しましょう。
胃潰瘍手術
胃潰瘍手術について紹介しています。回復には個人差もありますので、手術後の生活には気を付けましょう。
子供の消化性潰瘍
子供の消化性潰瘍について紹介しています。子供にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍は起こります。生活環境の変化により増加傾向にあります。大人と同様注意しましょう。
高齢者の消化性潰瘍
高齢者の消化性潰瘍について紹介しています。高齢者は症状が軽いので発見が遅れることがあるので注意しましょう。