子供の消化性潰瘍

スポンサードリンク

子供の消化性潰瘍

内視鏡の進歩によって子供たちにも見つかる率が上がっています。実は、子供にも胃潰瘍や十二指腸潰瘍はおこります。最高酸分泌量は、生後24週までに大人と同じレベルになるといわれています。いっぽう新生児の消化性潰瘍の原因は、出生時の低酸素血症などがあげられます。乳幼児期はやけど、感染などの身体的ストレスを受けた際に消化性潰瘍となることがあります。しかし、これらは、新生児期、乳幼児期ではまれな病気です。ほとんどが急性にでき、治癒しやすく、再発もほとんどありませんが、症状としてとらえにくいことが多くあります。

 

学童期になると消化性潰瘍は増加し、大人と同様に再発性の慢性の経過をとるものが多くなります。現代の複雑な生活環境の変化が子供にも精神的ストレスを与えるきっかけを増やしていることなどから増加傾向にあるといわれます。症状は大人と同様になり、診断、治療も同じです。

 

原因

水なしに鎮痛剤を飲んだり感染症や、やけどにともなっておこることが多く、大半が急性胃潰瘍として現れます。ピロリ菌の感染の場合は、慢性十二指腸潰瘍として現れ、家族内にも胃、十二指腸潰瘍の感染者がいる事が多い。年長児では、成人と同じ精神的ストレスが原因の場合もあります。

 

症状

嘔吐、血液を含む胃の内容物を吐く吐血が見られます。

 

治療

胃酸を抑える制酸薬と食事療法が基本となります。香辛料などの刺激物は避けて一日三食を毎日決めた時間に食べる事を習慣とします。とくに消化のよいものなどにこだわる必要はありません。ピロリ菌が存在する場合は除菌治療が優先となります。吐血や下血が続く際は、内視鏡を使って下血して、場合によっては手術もあります。

 

スポンサードリンク

子供の消化性潰瘍関連ページ

胃潰瘍とは
胃潰瘍とはどんな病気か。できやすい部位や消化性潰瘍のできやすい人などの解説をしています。
胃潰瘍症状
胃潰瘍の症状について紹介しています。胃潰瘍の自覚症状はさまざまです。
胃潰瘍原因
胃潰瘍の原因について解説しています。胃潰瘍のおもな原因は、ピロリ菌であるともいわれています。胃の中の環境のバランスが問題です。
胃潰瘍検査と診断
胃潰瘍の診断と検査について紹介しています。X線検査や内視鏡検査が主体です。
胃潰瘍治療
胃潰瘍の治療法について紹介しています。再発も多いので安静を心がけ、医師の指示通りに薬を飲みましょう。
胃潰瘍再発の防止
胃潰瘍の再発防止には、症状にあった治療を受けて、食事療法を行ったり、生活習慣の見直しをして改善しましょう。
胃潰瘍食事
胃潰瘍の食事療法の基本について紹介しています。 きちんとした食生活をし、胃潰瘍を早く治しましょう。
胃潰瘍手術
胃潰瘍手術について紹介しています。回復には個人差もありますので、手術後の生活には気を付けましょう。
高齢者の消化性潰瘍
高齢者の消化性潰瘍について紹介しています。高齢者は症状が軽いので発見が遅れることがあるので注意しましょう。