胃ポリープの症状、症状、原因、治療法

スポンサードリンク
イポリープとは

胃の隆起性病変で、胃壁の粘膜の一部から内腔に向かって飛び出した腫瘤がポリープです。形は球形や茎をもったきのこ型などいろいろあります。

 

症状

ポリープとは、粘膜に局所的にできたきのこのような隆起のことで、良性腫瘍の一種です。一般的には無症状で、胃のバリウム造影検査(X線検査)で見つかります。過形成性(粘膜細胞の増殖がみられる)ポリープの場合は、1cm以上に大きくなると、出血がみられることがありますが、がん化する可能性は低いようです。ただ、腺腫性のポリープ、過誤腫性ポリープの一部は癌化するといわれています。一般的には症状がないので、偶然に集団検診や人間ドックなどでみつけることが多いです。

 

診断

エックス線検査や内視鏡によって発見することができます。ポリープが良性かどうかの診断は内視鏡で組織の一部を採取して調べる必要があります。症状が似ている病気は、胃粘膜下腫瘍ですが正確には生検が必要です。

 

原因

ポリープが形成される直接の原因はわかりませんが、年代が高くなるほど、発症率が上がる傾向があります。

 

治療法

ポリープの形や大きさ、性質、表面の性状などによって治療の必要性が判断されますが、大半は1年に1回程度の経過観察を行うだけで十分です。大きなものや出血がひどい場合は、内視鏡下で切除することもあります。大部分は定期検査のみで観察をして治療の必要はありません。吐血や下血のひどい場合は、ポリペクトミーなどポリープを切除します。ポリープなどがたくさん発生するポリポーシースの場合は手術によって胃を切除する場合があります。

 

 

 

胃ポリープ記事一覧

胃ポリープの分類

ポリープの形態での分類ポリープ組織学的な分類組織学的には、過形成性ポリープ、胃底腺ポリープ、腺腫性ポリープに分けられます。過形成性ポリープ発赤して充実性(中身のつまった)ようすがみられます。過形成ポリープはびらんによって起こる粘膜の欠損に対する上皮の代償的過形成に起因すると考えられています。ヘリコバ...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク