胃ポリープ形態での分類、胃ポリープ組織学的な分類

スポンサードリンク

胃ポリープの分類

 

ポリープの形態での分類

 

胃ポリープの分類

 

ポリープ組織学的な分類

組織学的には、過形成性ポリープ、胃底腺ポリープ、腺腫性ポリープに分けられます。

 

過形成性ポリープ

発赤して充実性(中身のつまった)ようすがみられます。過形成ポリープはびらんによって起こる粘膜の欠損に対する上皮の代償的過形成に起因すると考えられています。ヘリコバクター・ピロリという細菌の感染が多いことから、胃粘膜の萎縮と腸上皮化生粘膜が本ポリープの好発する胃粘膜環境であるとも考えられています。

 

慢性胃炎の一つの現れ方でもあります。良性のポリープですが、大きくなることもあり、大きくなると表面から出血しやすく、貧血になる人もいます。癌化が少ないのですが、大きくなったあとにポリープの中に癌ができるということもあります。良性のポリープですが、注意しましょう。

 

 

胃底腺ポリープ

男性より成人女性に多いポリープです。半球状の小さいポリープです。ピロリ菌の居ないきれいな粘膜で、将来胃ガンのリスクも低いともいわれ、胃潰瘍のような胃の病気にもなりにくいです。背景粘膜には萎縮がなく、酸の分泌が盛んです。女性ホルモンやガストリン(消化管ホルモンの一種)の関与も指摘されていますが、はっきりした原因は不明です。

 

 

腺腫性ポリープ

表面は平滑で、やや蒼白色調で扁平な形をしています。良性と悪性の中間的な性質があり、大きくなると癌化することがあるので、定期的な検査や内視鏡的治療をします。背景粘膜に強い萎縮(いしゅく)がみられることから腸上皮化生粘膜(ちょうじょうひかせいねんまく)(胃の粘膜が腸の粘膜様に性質が変化すること)から発生すると考えられていますが、詳細な病因は不明です。

 

スポンサードリンク