胃の痛みとお腹の痛みのあらわれ方

スポンサードリンク

胃の痛みとお腹の痛みのあらわれ方

胃の痛みや十二指腸の痛みなど臓器の痛みは、急激におこる場合と、徐々に起こる場合とがあります。
痛みが数分のうちに急激に強くなる代表的な病気に、胆石症、急性膵炎、尿管結石などがあります。

 

 

数時間から数日にかけて徐々に痛みが強くなってくる場合は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎、急性腸炎、急性虫垂炎、複雑性腸閉塞などが疑われます。

 

 

激しい痛みが続いたり、間をおいてあらわれるときは、慢性膵炎、クローン病など慢性の炎症や悪性腫瘍(ガン)などの病気が疑われます。

 

 

また、過敏性腸症候群のときは、排便と同時に痛みが軽減し、睡眠中や休日には痛みがあらわれないなどの特徴があります。

 

 

それに、食事をとることで痛みが増幅するかどうかも大事な判断基準です。空腹時に上腹部が痛むのは、十二指腸潰瘍の典型的な症状です。胃潰瘍や胃炎の場合は、食後しばらくして痛むことが多くなってきます。

 

 

治療で服用した抗炎症薬や鎮痛薬などが原因で胃潰瘍や胃炎になってしまい、激しい腹痛が起こることもあります。

 

 

上腹部の痛み

上腹部には、胃、十二指腸、胆嚢、膵臓など痛みが出やすい臓器が集まっています。また、みぞおちには臓器の痛みを感じる神経が集中しているので、上腹部では、みぞおち痛が多く見られます。

 

胃の異常も、みぞおち痛としてあらわれます。

スポンサードリンク

胃の痛みとお腹の痛み関連ページ

胃の痛みの原因
胃の痛みの原因について紹介しています。胃の痛みの原因は様々です。痛みの原因が胃ではないこともあります。
胃のむかつき
胃のむかつき原因、症状を解説。胃のむかつきが起こった時の対策も紹介しています。
みぞおちの痛みに注意
みぞおち(心窩部)に痛みがあるときは、病気が潜んでいるかもしれません。みぞおちの痛みの他に強い症状があったら注意しましょう。
胃の病気 嘔吐
胃腸の病気が原因で起こる吐き気や嘔吐のうち、一番多いのは急性の胃炎や腸炎が原因のものです。 このような症状がでたら気を付けましょう。
吐血
食道や胃、十二指腸の異常や病気が原因で出血し、吐き気を伴って口から血を吐くことを吐血といいます。この場合は、早急に病院での治療が必要です。 吐血のことについて紹介しています。
下痢があるとき
下痢は、食べたものが十分に消化されずに、水っぽい便が急激に出る症状のことです。下痢の症状や原因について紹介しています。
げっぷ、胸やけ胃の病気
げっぷや胸やけが続くときは、胃の病気や食道の病気が疑われます。 食べ過ぎや飲みすぎだと油断していると、病気がどんどん進行することがありますので、ゲップや胸やけが続くときには、気を付けましょう。
胃の不快感とお腹が張る(腹部膨満感)
胃のあたりが不快に感じたりお腹のあたりが張ることがあります。その原因と症状について紹介しています。
食欲不振・体重減少
ストレスや胃腸の不調で自律神経の働きが乱れると、食欲中枢も影響を受けて、食欲不振となります。 食欲不振の原因は様々です。
胃もたれ
胃もたれ原因、症状、解消法を紹介しています。胃もたれが起こったときは食べ過ぎや飲みすぎに注意しましょう。