胃の薬の種類

スポンサードリンク

胃の薬の種類について

胃の薬の種類

 

病院の薬は完治を目的とした治療用の薬です。市販の薬は、症状の穏和が目的として考えられます。

 

@健胃薬

口、胃の中の粘膜に刺激を与えていの機能を向上させます。生姜が用いられる場合は、トウガラシ、センブリケイヒなどが用いられます。

 

A消化酸素薬

胃や腸に効いて、消化、吸収を助けます。プロザイム、タカジアスターゼなどがたんぱく質、脂質、炭水化物に対応して作用が現れます。

 

B制酸薬

胃の中の酸が強い場合に酸を中和させるアルカリ性の薬になります。重曹、合成ケイ酸アルミニウムなどが用いられます。

 

C粘膜修復推進薬

荒れた胃の粘膜に作用し粘膜の修復に作用して、消化酸素の働きを抑制します。銅クロロフィリンナトリウム、アルジオキサなどがあります。

 

D鎮痛鎮痙薬

胃の運動をコントロールしている迷走神経の働きを抑えて、胃腸の過度の緊張を抑えて痛みを和らげます。ロートエキスなどがあります。

 

E粘膜保護薬

潰瘍を治療して、再発を防ぎます。アズレンスルホン酸ナトリウムなどがあります。

胃の薬の種類記事一覧

胃薬の副作用

薬は必ず副作用があります。もちろん病院、市販の胃薬も該当します。特に長期服用ケースが多いので必然的に副作用が現れやすくなります。特に血圧の高い方、前立腺肥大の方は事前に医師に相談する必要があります。血圧の高い方は注意制酸薬の薬3割の成分、炭酸水素ナトリウムですが、この中に含まれているナトリウムは血圧...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク