胃の仕組みとと胃の働きについて

スポンサードリンク

胃の仕組みと働き

胃の仕組みと胃の働き

 

 

胃のしくみ

胃はアルファベットのJの形をしていて食道からつながる袋状の消化管です。食道からの入り口の部分を噴門、十二指腸につながる出口の部分を幽門といいます。その内面はひだ状になっていて、伸縮性に富み、空腹時には約50mlしかない容積が、満腹になると約1.5lにもなります。

 

粘膜のおおわれた壁面は、内側から斜走筋、輪走筋、縦走筋の三層の平滑筋でできています。この筋肉の働きで胃の蠕動運動が起こり、食物を混ぜ合わせて、十二指腸へと運んでいきます。

 

飲食物の胃の通過時間は、その種類により違っています。飲み物などの液体は数分、たんぱく質や糖質などは1〜2時間、脂質は3〜4時間とされ、健康な状態では4時間以内にほとんどすべての食べ物は通過します。
食物をたくわえて少しずつ十二指腸に送り込むのも、胃の大切な仕事の一つです。なお、アルコールはその一部が胃からも吸収されます。

 

 

胃の働きについて

胃の粘膜には胃症窩という小さなくぼみがたくさんあり、そこに開口している胃腺から胃液が分泌されます。胃液には塩酸、ペプシノーゲン、粘膜が含まれています。塩酸は食べ物についている細菌を殺して腐敗や発酵を防ぎ、鉄やカルシウムを酸化して吸収しやすい形にします。ペプシノーゲンは塩酸にふれてペプシンに変わり、たんぱく質を分解する働きがあります。粘液は胃粘膜をおおい、塩酸に障害されるのを防ぎます。

 

胃液の分泌は自律神経と3種類のホルモンにより調節されています。まず、食べ物を見たり、においを嗅いだり、味覚を感じると、それを感知した脳は、副交感神経に働きアセチルコリンを分泌させます。また胃に食物が入ると幽門腺からガストリンが血中に分泌され、アセチルコリンとともに肥満細胞に働き、ヒスタミンを分泌させます。この3つのホルモンにより胃液の分泌が高まります。

 

一方、仕事や運動、あるいは怒りや悲しみなどで、心身が緊張状態になり、交感神経の働きが高まると、胃液の分泌が抑制されます。

 

胃液に含まれる塩酸は、強い酸性で皮膚につけばただれを起こします。また、ペプシンはたんぱく質を分解する作用をもっています。胃粘膜に塩酸やペプシンがじかにふれれば、たちまち障害されますが、これを防御しているのは、同じ胃液に含まれる粘液なのです。胃粘膜をおおい、塩酸とペプシンの攻撃を防いでいます。

 

この両者の働きのバランスがくずれると、胃や十二指腸の粘膜が障害されて、胃・十二指腸潰瘍を引き起こします。原因としては、以前よりいわれているストレスという説以外にも、最近はヘリコバクター・ピロリによる粘膜障害、消炎鎮痛剤(NSAIDs)による粘膜障害が重要視されています。

 

 

胃の仕組みと胃の働き記事一覧

胃液の分泌

胃液は非常に強い酸であり大きな働きは下記の通りです。@殺菌作用A主細胞から分泌された不活性型のペプシノーゲンを活性型のペプシンに変換するB食物中のタンパク質の立体構造を変えることでペプシンの作用を受けやすくする。胃液を分泌する細胞とは?胃粘膜の表面には上皮が落ち込んでできる穴がありこれを胃小窩の底に...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク