子供の胃の病気

スポンサードリンク

子供の胃の病気

子供 胃の病気

 

 

子供の胃の病気の原因、症状、治療法とケアについて紹介しています。

 

現代は、子供でも大きなストレスをかかえる場合が多いので、子供でも

 

胃の病気になるケースが増えています。

 

しかも、学校などでもらってしまうウイルスなどの感染経路があるので、

 

病名を判断するのは簡単ではありません。

 

胃の病気に限らず、乳幼児の病気には素人判断は危険です。

 

少しでも異常だと思ったら、すぐに小児科で診察を受けるようにしましょう。

子供の胃の病気記事一覧

子供の感染性胃腸炎

下痢、腹痛、吐き気、嘔吐などの消化器からの症状が突然起こる様々な病気のことです。原因病原微生物がいろいろな経路で消化管に侵入して起こるもので細菌によるタイプとウイルスに大きく分類される。頻度はウイルス性胃腸炎のほうが圧倒的に多いです。感染経路は便などのウイルスが手を介して口から入って感染する。細菌に...

≫続きを読む

 

子供の急性胃腸炎

子供は、体が十分に発育していないので、風邪をひいたり、細菌に感染しただけで全身に症状が出ます。そのために、胃や腸の消化器系の働きが乱れて、吐いたり下痢をする急性胃腸炎の症状が出やすくなります。急性胃腸炎には、細菌性のものとウイルス性のものがあります。細菌性急性胃腸炎<細菌性の急性胃腸炎の症状>うみの...

≫続きを読む

 

子供の胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸の壁に潰瘍ができる病気です。内視鏡検査の進歩によって、子供たちにも見つかる率が上がってきました。ただし、新生児や乳幼児ではごく少なく、学童以上に多くみられます。ピロリ菌が関係していることもあります。原因水なしに鎮痛解熱薬をなどを飲んだり、感染症ややけどにともなっておこることが多く、ほとん...

≫続きを読む

 

アセトン血性嘔吐症(自家中毒)

アセトン血性嘔吐症(自家中毒)は、心身の疲労やストレスなどが原因で、リンゴの腐ったような特有のにおいの吐物を吐く発作を繰り返す病気です。リンゴの腐ったようなにおいは、血液中に増えたケトン体という物質によるにおい(アセトン臭)なので、アセトン血性嘔吐症といいますが、嘔吐を繰り返すので、周期性嘔吐症とも...

≫続きを読む

 

小児の胃食道逆流症

胃食道逆流症とは胃に入った食べ物やミルクが、 食道に逆流していろいろな症状をおこす病気です。 無症状で逆流するだけであれば胃食道逆流現象といいます、新生児や乳児にはよく認められる生理的なものです。主な症状は嘔吐です。年齢とともに軽快していきますが しかし、 体重が増えないときや、 嘔吐を繰り返す、無...

≫続きを読む

 

幼児の幽門狭窄症

生後2〜3週間ごろからミルクなどを吐き始めで、嘔吐がどんどん強くなり、噴水のように吐き出します。幽門狭窄症は、 胃の出口で十二指腸につながる部分を幽門といいますが、ここの筋肉が厚くなり、ミルクなどの通りが悪くなる病気です。正確には肥厚性幽門狭窄症といい、日本では1万人に5〜7人が発症するともいわれて...

≫続きを読む

 

乳幼児の胃軸捻転症

乳幼児の胃軸捻転症は、胃の異常な回転や捻転によって起こる病気です。新生児や乳児に多く発病します。生まれたての赤ちゃんで、機嫌も悪くてずっと泣いていて、1日中抱っこしていないといけないようで、げっぷが出にくい、おなかがすごく張ってしまっている、ミルクを吐いてしまうなどの症状があったときは、胃軸捻転症の...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク