アセトン血性嘔吐症(自家中毒)原因、症状と経過、治療法とケア

スポンサードリンク

アセトン血性嘔吐症(自家中毒)

アセトン血性嘔吐症(自家中毒)は、心身の疲労やストレスなどが原因で、リンゴの腐ったような特有のにおいの吐物を吐く発作を繰り返す病気です。リンゴの腐ったようなにおいは、血液中に増えたケトン体という物質によるにおい(アセトン臭)なので、アセトン血性嘔吐症といいますが、嘔吐を繰り返すので、周期性嘔吐症ともいいます。かつては自家中毒とも呼ばれていました。

 

最近では、子供の栄養状態が改善しているために、重症の例はみられなくなっています。命にかかわるような病気ではありません。患者数も激減しています。小学生くらいの子供に多い病気です。

 

 

原因

2〜10歳ぐらいの子供にみられる病気です。ストレスや疲労が強くなったときに自律神経のバランスが乱れ、体内にアセトン体という物質が増えて、嘔吐や吐き気が起こります。尿や吐く息が、腐ったリンゴのようなにおいがします。

 

 

症状と経過

さっきまで元気だったのに、急激に機嫌が悪くなったり、生あくびを連発して、顔色が青白くなります。そして、何度も嘔吐を繰り返します。吐くものがなくなると、血液の混じったコーヒーかすのようなものを吐くようになります。ふつう、下痢はみられません。重症になってしまうと脱水症となります。

 

 

 

治療とケア

脱水症状を防ぐため、点滴でブドウ糖を補給したり、吐き気止めの座薬を使います。神経質な子供に多いので、騒がず静かに見守るようにします。ふつう数日で嘔吐は止まり、元気になります。

 

 

スポンサードリンク

アセトン血性嘔吐症(自家中毒)関連ページ

子供の感染性胃腸炎
子供の感染性胃腸炎の原因、症状、治療法を紹介しています。抵抗力の弱い子供は重症化する可能性もあるので注意しましょう。
子供の急性胃腸炎
子供の急性胃腸炎の症状、原因、治療法について紹介しています。急性胃腸炎には、細菌性のものとウイルス性のものがあります。
子供の胃・十二指腸潰瘍
子供の胃・十二指腸潰瘍の原因、症状、治療法を紹介しています。乳児の場合はほかの病気が原因で起こる二次的なものがほとんどです。幼児ではまれです。学童以上に多くみられます。
小児の胃食道逆流症
胃食道逆流症の小児の原因と症状と経過について紹介しています。胃の内容物が逆流して、吐いてしまう症状です。原因は、食道と胃の境界になる噴門部の筋肉が未熟なためです。
幼児の幽門狭窄症
幼児の幽門狭窄症の原因、症状と経過、治療法とケアについて紹介しています。
乳幼児の胃軸捻転症
乳幼児の胃軸捻転症の原因と症状と治療法について紹介しています。