子供の感染性胃腸炎の原因、症状、治療法

スポンサードリンク

子供の感染性胃腸炎

下痢、腹痛、吐き気、嘔吐などの消化器からの症状が突然起こる様々な病気のことです。

 

原因

病原微生物がいろいろな経路で消化管に侵入して起こるもので細菌によるタイプとウイルスに大きく分類される。頻度はウイルス性胃腸炎のほうが圧倒的に多いです。感染経路は便などのウイルスが手を介して口から入って感染する。細菌によるものは食物を介しておこるので食中毒ともいいます。

 

ウイルス性は嘔吐も起きるので乳幼児嘔吐下痢症とよばれます。ロタウイルスが最も多く冬になると乳幼児に嘔吐症状を起こすことで有名です。ウイルス感染はカキや貝類など食物を介して感染します。

 

細菌性はカンピロバクターが最も多いです。その他にサルモネラ、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、エルシニアなどがあります。病原性大腸菌の一種で強い感染力のO-157は、出血性の下痢をおこします。この細菌がつくるベロ毒素が体内に吸収されると、要血性尿毒症候群という重い症状になってしまいます。海外との交流が盛んになっているので、赤痢やコレラにも注意が必要です。

 

ジアルジア、赤痢アメーバ、クリプトスポリジウムなどの原虫が原因の胃腸炎もあります。抵抗力の弱い子供は重症化する可能性もあるので注意しましょう。

 

 

症状

嘔吐や下痢、腹痛が主な症状です。ウイルス性胃腸炎による下痢は、水のような便が出て嘔吐を伴います。発熱しても、ほとんどは1日で下がります。嘔吐と下痢を繰り返すことがるので脱水症状に注意が必要です。急激な体重の減少、皮膚粘膜の乾燥、ぼんやりとして元気がない、すぐ眠るといった意識状態の変化に気を付けましょう。

 

細菌性胃腸炎の場合は、夏に多く現れ、発熱を伴うことが多いです。便は粘液状になり、膿が混じり血便となります。すぐに便意が出て、トイレにすぐいきたくなる渋り腹もよくみられる症状です。

 

 

 

治療

ウイルス性の場合は有効な薬はないので、安静にして、脱水症状にならないように水分の補給を心がけます。吐き気止めを飲ませたり、吐き気止めの座薬を入れたりして、お茶や湯冷まし、市販の経口保水液などを少量ずつ与えます。スポーツドリンクには塩分が含まれています。脱水のときは塩分摂取量が過剰になることがあるので医師の指示に従うようにしましょう。
嘔吐のために水分摂取できなかったり、激しい下痢で脱水症状が激しいときは入院治療が必要な場合もあります。

 

食事療法としては、消化管を休めるためにいちど絶食し、胃腸に負担がかからないように少量の薄めたミルクや重湯から始めます。

 

細菌性の場合は、菌を特定する検査をして、有効な抗生物質や抗菌剤を用います。ウイルス性や細菌性の場合は、家族内に感染する可能性があるので、手洗いやうがいを励行してください。

スポンサードリンク

子供の感染性胃腸炎関連ページ

子供の急性胃腸炎
子供の急性胃腸炎の症状、原因、治療法について紹介しています。急性胃腸炎には、細菌性のものとウイルス性のものがあります。
子供の胃・十二指腸潰瘍
子供の胃・十二指腸潰瘍の原因、症状、治療法を紹介しています。乳児の場合はほかの病気が原因で起こる二次的なものがほとんどです。幼児ではまれです。学童以上に多くみられます。
アセトン血性嘔吐症(自家中毒)
アセトン血性嘔吐症(自家中毒)の原因と症状と治療とケア方法を紹介しています。神経質な子供に多い病気なので、騒がずに静かに見守りましょう。
小児の胃食道逆流症
胃食道逆流症の小児の原因と症状と経過について紹介しています。胃の内容物が逆流して、吐いてしまう症状です。原因は、食道と胃の境界になる噴門部の筋肉が未熟なためです。
幼児の幽門狭窄症
幼児の幽門狭窄症の原因、症状と経過、治療法とケアについて紹介しています。
乳幼児の胃軸捻転症
乳幼児の胃軸捻転症の原因と症状と治療法について紹介しています。