子供の急性胃腸炎

スポンサードリンク

子供の急性胃腸炎

子供は、体が十分に発育していないので、風邪をひいたり、細菌に感染しただけで全身に症状が出ます。そのために、胃や腸の消化器系の働きが乱れて、吐いたり下痢をする急性胃腸炎の症状が出やすくなります。

 

急性胃腸炎には、細菌性のものとウイルス性のものがあります。

 

細菌性急性胃腸炎

<細菌性の急性胃腸炎の症状>
うみのまじった下痢便、血便、激しい腹痛、繰り返しの嘔吐、発熱

 

<細菌性の急性胃腸炎の原因>
食中毒とも呼ばれ、大腸菌、キャンピロバクター菌、サルモネラ菌、病原性大腸菌O-157などが原因

 

 

<細菌性の急性胃腸炎の原因となる菌の特徴>
@大腸菌
大腸の中に生息する菌、主にブドウ糖を発酵させガスと酸に分解する働きをしています。O-157もこの仲間です。大腸菌の種類の中には毒素を分泌し、病気の原因になるものもあります。大腸菌は加熱することで死滅します。生ものはよく火を通してから食べさせましょう。

 

Aサルモネラ菌
腸に生息する腸内細菌の一種です。腸チフスや食中毒の原因になる細菌です。生の肉や卵によくついている細菌ですが、熱に弱いので、火を通すと死滅します。卵を生で食べるときは、割ったらすぐに食べるようにしましょう。

 

Bブドウ球菌
傷口を化膿させたり、食中毒の原因にもなる細菌です。調理をする人の手の傷に繁殖したブドウ球菌から食中毒を起こすことがあります。

 

Cキャンピロバクター菌
犬、猫、小鳥などのペットから感染することが多い細菌です。ペットと遊んでさわったときは、よく手を洗うようにしましょう。

 

 

<細菌性の急性胃腸炎の治療>
水分補給と消化のよい食物による食事療法が主体です。下痢がひどかったら絶食をさせますが、その場合でも、水分は必ず十分与えるようにします。

 

細菌性のものは、嘔吐や下痢も激しく、血便が出ることがあるので、早めに病院の医師の診察を受けましょう。乳幼児の場合は血便のついたおむつを持参して医師に診察してもらうようにします。細菌性の急性胃腸炎は夏に多く見られるのも特徴です。

 

 

 

ウイルス性の急性胃腸炎

 

おなかに来る風邪といわれるものです。

 

<ウイルス性の急性胃腸炎の症状>
嘔吐、みずのようなゆるい下痢便、発熱、咳や鼻水などの風邪の症状をともないますが、それほど症状は重くありません。

 

<ウイルス性の急性胃腸炎の治療>
吐き気止めの薬を飲ませるか吐き気止めの座薬を入れます。脱水症状にならないように水分補給をします。安静にして食べれるようになれば早い段階に食事療法を行います。

 

 

スポンサードリンク

子供の急性胃腸炎関連ページ

子供の感染性胃腸炎
子供の感染性胃腸炎の原因、症状、治療法を紹介しています。抵抗力の弱い子供は重症化する可能性もあるので注意しましょう。
子供の胃・十二指腸潰瘍
子供の胃・十二指腸潰瘍の原因、症状、治療法を紹介しています。乳児の場合はほかの病気が原因で起こる二次的なものがほとんどです。幼児ではまれです。学童以上に多くみられます。
アセトン血性嘔吐症(自家中毒)
アセトン血性嘔吐症(自家中毒)の原因と症状と治療とケア方法を紹介しています。神経質な子供に多い病気なので、騒がずに静かに見守りましょう。
小児の胃食道逆流症
胃食道逆流症の小児の原因と症状と経過について紹介しています。胃の内容物が逆流して、吐いてしまう症状です。原因は、食道と胃の境界になる噴門部の筋肉が未熟なためです。
幼児の幽門狭窄症
幼児の幽門狭窄症の原因、症状と経過、治療法とケアについて紹介しています。
乳幼児の胃軸捻転症
乳幼児の胃軸捻転症の原因と症状と治療法について紹介しています。