胃軸捻転症、乳幼児の胃軸捻転症原因、症状と治療法

スポンサードリンク

乳幼児の胃軸捻転症

乳幼児の胃軸捻転症は、胃の異常な回転や捻転によって起こる病気です。新生児や乳児に多く発病します。生まれたての赤ちゃんで、機嫌も悪くてずっと泣いていて、1日中抱っこしていないといけないようで、げっぷが出にくい、おなかがすごく張ってしまっている、ミルクを吐いてしまうなどの症状があったときは、胃軸捻転症の可能性があります。胃軸捻転症はほとんどの場合は心配のいらない病気です。手術が必要になることはまずありません。

 

まれに、胃のねじれがさらにひどくなってしまい、悪化して、ミルクが飲めなくなってしまうことがあります。さらにおならの出にくい状態がプラスされるとひどい腹満をきたすこともあります。そんな時の目安は体重です。ミルクもきちんと飲めていて体重が増えているようであれば心配はないです。ほとんどは自然に治ってきます。

 

 

原因

胃を固定している人体がゆるいため、胃が縦、または横にねじれます。急激に起こる場合と、ねじれたり元に戻ったりを慢性的に繰り返す場合があります。

 

 

 

症状と治療法

乳幼児では授乳後にげっぷがでなかったり、よく吐きます。授乳の後、体の右側を下にして1時間ほど寝かせておくと、ほとんどは自然に治ります。2歳以上の幼児にみられる急性の場合は腹部に激痛が起こり、吐いたりします。すぐに病院でねじれを治す治療を受ける必要があります。

スポンサードリンク

乳幼児の胃軸捻転症関連ページ

子供の感染性胃腸炎
子供の感染性胃腸炎の原因、症状、治療法を紹介しています。抵抗力の弱い子供は重症化する可能性もあるので注意しましょう。
子供の急性胃腸炎
子供の急性胃腸炎の症状、原因、治療法について紹介しています。急性胃腸炎には、細菌性のものとウイルス性のものがあります。
子供の胃・十二指腸潰瘍
子供の胃・十二指腸潰瘍の原因、症状、治療法を紹介しています。乳児の場合はほかの病気が原因で起こる二次的なものがほとんどです。幼児ではまれです。学童以上に多くみられます。
アセトン血性嘔吐症(自家中毒)
アセトン血性嘔吐症(自家中毒)の原因と症状と治療とケア方法を紹介しています。神経質な子供に多い病気なので、騒がずに静かに見守りましょう。
小児の胃食道逆流症
胃食道逆流症の小児の原因と症状と経過について紹介しています。胃の内容物が逆流して、吐いてしまう症状です。原因は、食道と胃の境界になる噴門部の筋肉が未熟なためです。
幼児の幽門狭窄症
幼児の幽門狭窄症の原因、症状と経過、治療法とケアについて紹介しています。