子供のピロリ菌感染と除菌治療

スポンサードリンク

子供のピロリ菌感染と除菌治療

ピロリ菌が、感染率で胃がんの発生が大幅に減少することが明らかになりました。
さらに感染しやすい乳幼児期に一番注意して感染そのものを防ぐ努力がポイントです。

 

衛生的な環境でが整っている現在は感染率は非常に低下しています。しかし、親から子、子供から子供にに感染が起こりうる環境があるので十分注意が必要となります。
具体的には、乳幼児に対して口移しの食事の与え方は絶対に控えることが大切です。
ちなみに余談となりますが、ピロリ菌のみならず、虫歯菌も全く同じことが言えます。虫歯菌が親から子へ唾液で感染することによって虫歯のできる歯になってしまいます。
しかし、十分注意をして唾液の感染のない子供には、虫歯菌がないので全く虫歯にならない口内環境と言えます。
ピロリ菌に関しては、水道は現在上下水が完備しているので、ほとんど問題はありませんが、現在でも井戸水や湧水を飲んでいる方は注意が必要です。

 

小児期の場合の除菌治療は、胃・十二指腸潰瘍や慢性胃炎などといった関連がある場合に限り必要と考えられていますが、感染されたからといって治療すべきというガイドラインは現在はまだはっきりと明確に確率された答えはでていません。
しかし、胃がんの多い家族や先祖様の遺伝を考えて除菌治療を考慮するべきという意見も多数あるのも現実です。
今後は、どの段階の年齢で治療すべきかというガイドラインも明確に決まると思います。

 

胃がん発生を抑制する情報とは・・・

 

現在は健康保険でピロリ菌の除菌治療は対象外となっています。
理由はいくつかありますが、重大な病気をかならず引き起こすという訳でもありません。また、除菌は100パーセントではなく除菌治療によって副作用もあるし治療費もかかります。
しかし、胃がんは深刻な病気ですし近親者で胃がんで亡くした人であれば、ピロリ菌をすぐにでも除菌したいと考えるはずです。
さらに動物実験では、明らかに若い時期に除菌した方がガンの発生率を考えると効果が大きいと言われていますが、これはあくまでも動物実験ですので、高齢者に対しての有効性もはっきりとしたデータがないのも現実です。
今後の課題は、もっと人でのデータ取集が大きな課題と言える問題です。
胃がんに関しては、早期治療と、検診をきちんと受けてピロリ菌治療も含めて治療すれば十分に治癒できる病気と言える。

スポンサードリンク

子供のピロリ菌感染と除菌治療関連ページ

ピロリ菌検査
ピロリ菌の検査について紹介しています。ピロリ菌に感染しているかどうかは、どうすればわかるのかについて解説しています。
ピロリ菌治療
ピロリ菌の治療について紹介しています。除菌療法は3種類の薬を服用するのが基本です。ピロリ菌除菌療法での副作用についても解説しています。