ピロリ菌検査

スポンサードリンク

ピロリ菌検査

ピロリ菌に感染しているかどうかを調べる検査には、内視鏡検査と一般検査があります。一般検査には、尿素呼気試験、便中抗体検査、抗体検査の3種類があり、このうち2種類以上を受け、その結果で判断するのが望ましいとされています。特に検査が勧められるのは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどが疑われる人です。空腹時にみぞおちの痛みがあって、めまいやふらつきなど貧血症状があったり、吐血や黒色の便が出るような人はこれらの病気が疑われるので、内視鏡検査に加えて、ピロリ菌の検査を受けることが大切です。

 

 

一般検査

 

尿素呼気試験

ピロリ菌は尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する。この性質を利用して、尿素を含む検査液を使って、検査用のバッグに息を吐く。検査液を飲み、20分後に別のバッグに再び息を吐く。これらの呼気中の二酸化炭素を比較して、ピロリ菌の有無を判定します。

 

 

抗体検査

ピロリ菌に感染していると、それに対する抗体がつくられる。血液や尿を採取し、ピロリ菌に対する抗体の有無を調べることで、感染しているかどうかを判定する。

 

 

便中抗体検査

胃の粘液に住み着いたピロリ菌の一部は、便として排出される。便の中にそれが含まれているかどうかを調べ、感染の有無を判定する。

 

 

※この菌が胃がんの誘因になるのではないという証拠が出てきています。それに、胃がんになる人は必ずピロリ菌に侵されているということもありません。日常生活のストレスや食生活、喫煙など様々な原因が重なり胃がんになると言われています。ですからピロリ菌が見つかったからすぐに胃がんになると思うのは早計です。しかし、ピロリ菌を除菌したことで胃潰瘍が治ったり、再発率が減ったりする情報もあるのでピロリ菌の保有はあまりよくはないのは確かですので除菌をした方が良いということになります。

スポンサードリンク

ピロリ菌検査関連ページ

ピロリ菌治療
ピロリ菌の治療について紹介しています。除菌療法は3種類の薬を服用するのが基本です。ピロリ菌除菌療法での副作用についても解説しています。
子供のピロリ菌感染と除菌治療
子供の時からピロリ菌をしっかりと予防することが大切です。 とくに小児がん予防するためにも、親がしっかり環境を整えてあげることが大切です。 子供だからガンにはならないというかんがえではなく、子供の時から病気に対する教育をすることもたいせつです。